ウマヅラハギ

あ行うまづらはぎ

フグ目 カワハギ科 ウマヅラハギ属 ウマヅラハギ (馬面剥)
学名 Thamnaconus modesoides
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県尾道市向島
捕獲方法 胴付き仕掛け 餌はオキアミ

北海道以南の浅い砂底及び岩礁域に生息
文字通り馬の顔に似て長いのでウマヅラハギという名前がついたようだ
味はカワハギよりは若干劣る。特に肝は臭みがある。
ウマヅラハギはクラゲを食べると言うが、釣りをしている時に集団でクラゲを食っているのを実際に目にしたことがあります。
別名 ハゲ、長ハゲ、クロギ、クロバキ (クロバキはニザダイ科のお魚さんですが、瀬戸内ではウマヅラハギのことをクロハギのと呼んでます)



posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11214316