イイダコ

あ行いいだこ

八腕形目 マダコ科 マダコ属 イイダコ
学名 Octopus ocellatus
食味 35.gif

小型のタコで、内湾の浅い海に生息
背中に黒い筋があるのと左右の目の下の辺りに眼状斑があるのが特徴。
早春になると雌は卵巣の卵が成熟し「子持ちイイダコ」と呼ばれる
それを煮ると飯粒がつまっているようになり「飯蛸」名が付いた。
イイダコは白いものに飛びつく習性があり、昔はテンヤにラッキョを付けて釣っていた




【タコ類の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | タコ類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11226298