タチウオ(太刀魚)

た行

たちうお

スズキ目 タチウオ科 タチウオ属 タチウオ (太刀魚・帯魚)
学名 Trichiurus lepturus
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県尾道市因島沖
捕獲方法 テンヤ仕掛け 餌はイワシ

名前の由来には、立ち泳ぎをするから、太刀に似ているからなどの説がある。
大きさは、体高(幅)を見て、指4本、指5本などと表現する。
釣り人達は、指6本以上の大物を「ドラゴン」と呼ぶ。
歯が大きく鋭いので釣り上げた時にケガをするので注意を要す。
釣り方は、イワシやサンマを餌にしたテンヤ仕掛けやジギングなどがある。
塩焼きやバター炒め、新鮮なうちは刺身にすると美味しい。
漢字で書くと【太刀魚】が一般的であるが、魚へんに刀の一文字で【魛】たちうおと読む。

これまで釣った最大サイズの太刀魚は、

たぶんこれかなぁ〜

🍴釣りバカ男の手料理
 太刀魚料理

 ムニエル、カルパツチョ、刺身、塩焼き、香草焼き、唐揚げなど




【スズキ目その他の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL