マコガレイ

ま行まこがれい

カレイ目 カレイ科 ツノガレイ属 マコガレイ (真子鰈)
学名 Pleuronectes yokohamae
食味 ★★★★☆

瀬戸内海では、10月中旬頃から産卵のために浅場に接岸して釣れ出しすので 「のぼりガレイ」 ともいう。
2月下旬〜3月中旬にかけてあまり釣れなくなるが、桜の花が咲く頃にまた釣れだし、これを「花見ガレイ」と呼ぶ。
春と晩秋に旬を迎え、刺身や煮付けは最高
「左ヒラメに右カレイ」と言うように、カレイとヒラメの見分け方は、腹を下にして右を向くのがカレイで左を向くのがヒラメ。但し、例外もある。
有名な別府湾の城下カレイもマコガレイである。
別名 まこ、あまて
タグ:カレイ




【カレイ目の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | カレイ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11260953