マアナゴ

ま行まあなご

ウナギ目 アナゴ科 クロアナゴ属 マアナゴ (真穴子)
学名 Conger myriaster
食味 ★★★★☆

浅い海の砂泥底に生息し、体は褐色で側線上に白い点線が並ぶ。
夜行性で、昼間は巣穴から頭だけ出し「アナゴ」はこの生態に由来する。
旬は6月〜8月で、梅雨アナゴとか夏アナゴと呼ばれ一番美味い時季です。
天ぷらや蒲焼が好まれるが、最近は刺身に造ることが流行っている。
血液と粘液に弱毒があり、その毒は加熱することにより無毒化される。
刺身にする場合は、水にさらすなどして血を徹底的に抜く必要がある。
小ぶりのアナゴを「ねそ穴子」と呼ぶ。

🍴釣りバカ男の手料理
 アナゴ料理

 刺身、白焼き、天麩羅、蒲焼、酒蒸しなど
タグ:アナゴ 穴子




【ウナギ目の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | ウナギ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: