キジハタ

か行きじはた
↑ 瀬戸内海で釣ったキジハタ (アコウ)

IMG_0905.JPG
↑ こちらは日本海で釣ったキジハタ。鮮やかです

スズキ目 ハタ科 マハタ属 キジハタ
学名 Epinephelus akaara
食味 ★★★★★

沿岸浅所の岩礁域にすみ、夏から秋は主にエビ、カニなどの小型甲殻類、冬から春にかけてはノリなどの海藻類を好んで捕食する。
背びれの真ん中辺りに黒い斑点があるのが特徴。
量が少なく瀬戸内では「アコウ」と呼び高級魚として扱われる。
夏は脂がのって薄作りの刺身で食すと旨い。皮つきのまま薄造りにし、さっと湯煮通して氷水でしめてポン酢で食べるのもいい。
別名 アズキハタ、アコウ、アカミズ(山陰)、ナメラバチメ(能登)

キジハタなどハタ科の魚の体表に「イカリムシ」と言う寄生虫が刺さっていることがあります。
IMG_4389.JPG
これを人が食べても害は無い様です。

🍴釣りバカ男の手料理
 キジハタ料理

しゃぶしゃぶ、煮付け、カルパツチョ、骨蒸し、薄造り、一夜干し、塩焼きなど





【スズキ目ハタ科の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目ハタ科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: