セトダイ

さ行せとだい

スズキ目 イサキ科 ヒゲダイ属 セトダイ (瀬戸鯛)
学名 Hapalogenys mucronatus
食味 ★★★☆☆

熱帯魚の様な姿で幅広い五条の横帯がある
全般に漁獲量は少ないが瀬戸内海では他の海域と比べると多く獲れるので瀬戸鯛の名が付いたようだ。 広島や岡山では「タモリ」と呼ばれ、鮮魚として市場に出回ることもある。
刺身や塩焼き、煮付けにして食べる。
磯の香りがして私感ですがあまり美味しくない。
その他の呼び名
コロダイ、トモモリ、コショウ、ビングシ
タグ:図鑑




【スズキ目イサキ科の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目イサキ科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: