キュウセン

か行キューセン
キュウセン 雄 (青ベラ)

ギザミ
キュウセン 雌 (赤ベラ)


スズキ目 ベラ科 キュウセン属 キュウセン
学名 Halichoeres poecilopterus
食味 ★★★☆☆

オス(青ベラ)とメス(青ベラ)では体色が全く異なり、別種の様にも思える
メスからオスへ性転換することで知られ、つまり、オスはメスよりも大型で、小型のオスはいない
メスの体側に一本の黒褐色の縦線とその上下に赤褐色の8本の点線があることからキュウセン (九仙・九線)と呼ばれる。
寝るときは砂にもぐって眠る
関東ではあまり食べられないが、瀬戸内のものは外海のものより身がしまって美味しく高級魚として珍重される。
別名 ベラ、ギザミ(瀬戸内)

🍴釣りバカ男の手料理
 ベラ科の魚料理

甘酢あんかけ、南蛮漬け、塩焼き、唐揚げ、煮付けなど



posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目ベラ科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL