カタクチイワシ(片口鰯)

か行かたくちいわし

ニシン目 カタクチイワシ科 カタクチイワシ属 カタクチイワシ (片口鰯)
学名 Engraulis japonica
食味 ★★★★
捕獲地 岡山県笠岡市沖

日本各地の沿岸の表層で大きな群れですむことが多い
体長は、10〜15cmほどの小魚
上顎が下顎よりも前方に出ており、口の形が片寄って見えることからこう呼ばれる
英語では、Anchovy (アンチョビー)
畳鰯、シラス干 (ちりめんじゃこ) 、目刺し、煮干などに加工される。
広島ではカタクチシワシのことを小鰯と称し、刺身にしてよく食べ、「7回洗えば 鯛の味」と言われるほど美味しい。

その他の呼び名
どろめ(土佐)、シコ・シコイワシ(東京)、たれくち(和歌山)など




【ニシン目の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | ニシン目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL