イカナゴ

あ行

スズキ目 イカナゴ科 イカナゴ属 イカナゴ (玉筋魚、鮊子)
学名 Ammodytes personatus

魚体は細長く、体長20cm程度になるが、稚魚はコウナゴ(小女子)やシンコ(新子)と呼ばれ、メバルやカサゴ釣りの生餌として売られている
食いは落ちるが、冷凍のイカナゴでも釣れる
当然食用にもなり、関西では佃煮にした「くぎ煮」が有名。その他、シラスのちりめんじゃこのように天日干しにした「ちりめんイカナゴ」や釜揚げなどにして食べられる



posted by ガンさん | Comment(0) | 釣り餌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: