アオリイカ

あ行

頭足綱 ツツイカ目 ジンドウイカ科 アオリイカ属 アオリイカ
学名 Sepioteuthis lessoniana
食味 ★★★★★
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町弓削佐島
捕獲方法 餌木釣り (エギング)

体型はコウイカに似るが、アオリイカは甲を持たないので区別できる
目玉が大きく、その周りがエラルドグリーンなのが特徴
春から初夏にかけて産卵のため浅場にやってきて大型のアオリイが釣れる。秋になると形は小さいが数釣りが楽しめる。
「餌木」と言う和製ルアーを使った釣り方「エギング」が最近人気を呼んでいる。
また、アジなどの活きた魚を泳がせてアオリイカに捕食させ、ヤエンと呼ばれる釣具を降ろして引っ掛ける「ヤエン釣り」と呼ばれ釣法もある
身が厚くて甘味があり、刺身などにするととても美味しい
アオリイカを漢字にすると「障泥烏賊」「煽烏賊」と書く
障泥(あおり・しょうでい)は、馬の腹に付ける泥除けで、鐙(アブミ)で障泥を蹴って馬を急がことを「あおりを打つ」と言い、馬を煽る動作から「あおり」の呼び名がつけられた説と、障泥がアオリイカの形に似るので「あおり」と呼ばれる様になった説がある
地方名でミズイカ、バショウイカ、モイカなどと呼ばれる。

🍴釣りバカ男の手料理
 アオリイカ料理

刺身、握り寿司、沖漬け、一夜干し、姿焼き、バター炒めなど



posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: