サルエビ

さ行

根鰓亜目 クルマエビ科 サルエビ属 サルエビ (猿海老)
学名 Trachysalambria curvirostris

体長10cm前後の小さなエビで食用にする他、釣えさとしても用いる
特徴として、体表面が細い短毛におおわれている
生きたものは真鯛の一本釣り、スーバーや鮮魚店で売らているものは一つテンヤに付けたり、ナゴヤフグを釣る際の餌として使われる
別名、広島ではシロエビ、漁獲されて暫く経つと赤褐色になるため他の地域ではアカエビとも呼ばれる
その他にガラエビ(岡山)、トビアラ(大阪)、クマエビ(北陸)とも呼ばれている
なお、シロエビ、アカエビ、クマエビは標準和名で別種を指す
また、この種のエビは打瀬網漁で大量に漁獲されるので、総称してウタセエビとも呼ばれる



posted by ガンさん | Comment(0) | 釣り餌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: