ヤマメ

や行やまめ
サケ目 サケ科 サケ属 ヤマメ (山女魚)
学名 Oncorhynchus masou

ヤマメは、サクラマスは陸封型で、海に下るものをサクラマス、川や湖で一生を過ごすものをヤマメと称する。
一般的にヤマメのほうがサクラマスよりも小型である。
体側に鮭科特有の楕円形のパーマークがはっきりと現れるが、サクラマスは成長するとパーマークが消失して銀白色となる
ヤマメは同属のアマゴ(降海型はサツキマス)とよく似ているが、アマゴには朱点があり、ヤマメにはこの朱点がないので区別できる
九州など一部地域でヤマメやアマゴを総称して「えのは」と呼ぶ。

🍴釣りバカ男の手料理
 ヤマメの味噌焼き




posted by ガンさん | Comment(0) | 淡水の生物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: