フナムシ

は行
甲殻綱 等脚目 フナムシ科 フナムシ (船虫)
学名 Ligia exotica Roux

海辺の岩場や防波堤の隙間、テトラポッドの中など暗くて湿った場所を好み、群れを作って 生息している。
船の中まで入ってくるのでフナムシの名が付いたようだ。
動きが素早くて容姿もゴキブリに似ているが昆虫などではなく、エビやカニと同じ甲殻類の仲間である。
チヌ (黒鯛) 釣りの餌としても使われる
他にもカサゴやギザミなども釣れ、餌が足りなくなった時には何処にでもいるので重宝する



posted by ガンさん | Comment(0) | 甲殻類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: