マダイ (真鯛)

ま行まだい

スズキ目 タイ科 マダイ属 マダイ (真鯛)
学名 Pagrus major
食味 45.gif

太平洋北西部、日本以南から南シナ海北部まで分布
体は楕円形で側扁し、赤色で体側に青色の小点が散在し尾びれ後縁は黒い
。 寿命は30年とも言われ、体長は1mを超えるものもいる
産卵期は3〜6月で、ちょうど桜の花が咲く頃からよく釣れだし、体色が桜色に輝くので桜鯛(サクラダイ)とも言う
旬は春とされているが、最も美味しいのは厳寒期の1〜2月
真鯛は、体型の美しさ、強烈な引き、食味の良さと三拍子そろった魚で、まさに魚の大様
25cm位までの小型は「チャリコ」と呼ばれる




【スズキ目タイ科の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目タイ科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL