コブダイ

カンダイ
コブダイの幼魚

か行
コブダイの成魚 (雌)



スズキ目 ベラ科 コブダイ属 コブダイ (瘤鯛)
学名 Semicossyphus reticulatus
食味 ★★★★☆

幼魚は体が赤褐色で背びれや尻びれ、尾びれが黒い。目から尾びれまで白い線が走る。
成長すると全身が赤っぽくなり見た目は全く別の魚になってしまう。
最初は全て雌であるが、更に成長して体長が50cm以上になるとオスに性転換し、額にはコブのような出っ張りがでる。
体長は1mを超える
暖かい時は、水っぽくて臭みがあるが、旬の冬は非常にうまく高級魚として扱われ、カンダイ(寒鯛)とも言う。

🍴釣りバカ男の手料理
 コブダイ料理

西京漬け、粕漬け、味噌漬け、刺身、ムニエル、塩焼き、フライなど



posted by ガンさん | Comment(1) | スズキ目ベラ科
この記事へのコメント
突然のコメント失礼します。
テレビ番組の制作をしているものです。
番組内でコブダイのメスの写真を探しています。もし宜しければ、上のコブダイのお写真を借りることは可能でしょうか。
詳しい話は、メール内でお願いします。
よろしくお願いします。
Posted by やまもと at 2018年11月17日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL