ケンサキイカ

か行
日本海 (鳥取市青谷沖) で釣ったケンサキイカ
IMG_4955.JPG
瀬戸内海 (愛媛県越智郡上島町) で釣ったケンサキイカ

ツツイカ目 ヤリイカ科 ケンサキイカ属 ケンサキイカ (剣先烏賊)
学名 Uroteuthis edulis
食味 ★★★★★

刺身にすると他のイカと比べて透明感があり甘味は強く、高級イカの代名詞になっている。
真水で洗うと身が白っぽくなるのでお造りにする時は出来るだけ水を使わない。
胴長は40cm位になり特大サイズは「弁慶イカ」とか「パラソル級」と呼ばれる。
山口ではマイカ、山陰ではシロイカ、伊豆諸島ではアカイカと呼ばれる。
また、佐賀県の呼子などではヤリイカとも呼び、ヤリイカやアカイカは別種がいるのでややこしい。
先端が尖りヤリイカとよく似ているが、ケンサキイカの方が食腕が太くて長く、胴は丸みを帯びているので関東ではマルイカとも呼ばれる。
イカの内臓を取り除いて干物にしたものを鯣(スルメ)と呼ぶが、ケンサキイカやヤリイカを乾燥させるたものは「一番スルメ」と呼ばれ、スルメイカを乾燥させたものは「二番スルメ」とランク分けされる。

🍴釣りバカ男の手料理
 ケンサキイカ料理

一夜干し、刺身、沖漬け、バター炒め、握り寿司など



posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: