タケノコメバル

た行

スズキ目 メバル科 メバル属 タケノコメバル
学名 Sebastes oblongus Günther
捕獲地 広島県尾道市向島

日本各地の浅い岩礁域や防波堤などに生息する。
名の由来は、タケノコが出る時期が美味しいと言う説や、体の色や模様がタケノコの皮に似ているからと言う説がある。
ムラソイとよく似て区別が難しいが眼隔域、つまり目と目の間にくぼみが無いので区別できる。
IMG_4620.JPG
体色は黄褐色から茶褐色で色合いや模様が鼈甲に似ていることからベッコウゾイとも呼ばれる。

🍴釣りバカ男の手料理
 タケノコメバルの料理




posted by ガンさん | Comment(0) | カサゴ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: