ハボウキガイ

は行

ウグイスガイ目 ハボウキガイ科 ハボウキガイ (羽箒貝)
学名 Pinna bicolor Gmelin
採取地 広島県福山市松永湾

浅瀬の砂泥底に貝殻の尖った方を突き立てた状態で生息している。
タイラギに似ているがそれよりも細長い。
貝柱やヒモ、水管などを食用とするが貝柱はタイラギと比べると小さい。



posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: