キチヌ

か行きちぬ

スズキ目 タイ科 クロダイ属 キチヌ (黄茅渟)
学名 Acanthopagrus latus

内湾の汽水域などに生息。
クロダイ (チヌ) に似るが、体色はクロダイよりも白っぽく頭部が小さい。
腹鰭や臀鰭、および尾鰭の下側が黄色のでキビレチヌと呼ばれる。




【スズキ目タイ科の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目タイ科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: