チダイ

た行

スズキ目 タイ科 チダイ属 チダイ (血鯛)
学名 Pagrus major
捕獲地 山口県柳井市平郡島沖

生息域は10m〜60mの岩礁域や砂礫帯。
真鯛とよく似るが、成魚で40cmほどで真鯛よりは小型。
マダイとチダイの違いは、
チダイは、エラ蓋の縁が血がにじんだように赤い。
マダイは尾鰭の後部が黒く縁どられるが、チダイは黒くならない。
チダイは、背鰭の第2棘、第3棘が少し長い。
背びれ
大型になるとおでこが隆起して、いわゆる「でこっぱち」 になる。
食味は、マダイと比べて少し柔らかくて水っぽくなる。
別名 チコダイ、デコダイ、ハナダイ




【スズキ目タイ科の新着魚種】
posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目タイ科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: