イシガニ

あ行

エビ目 カニ下目 ワタリガニ科 イシガニ (石蟹)
学名 Charybdis japonica

塩茹でにすると美味しいが、あまり大きくないし殻が硬いので食べるのが難しい。
マダコ釣りの餌としてタコテンヤに付けると良く釣れる。



posted by ガンさん | Comment(0) | 甲殻類

カイメンガニ

か行
IMG_0274.JPG
甲殻類 十脚目 カニ下目 クモガニ科 カイメンガニ属 カイメンガニ (海綿蟹)
学名 Thacanophrys longispinus
捕獲場所 広島県福山市沼隈町常石沖

水深18mの所でイイダコ釣りをしていたら引っかかりました
甲の長さは5cm位です
甲羅や脚に海面を付着させてカモフラージュする習性のカニです
生息場所によっては、イソギンチャクや海草などもくっ付けて周囲と同化させているようです

posted by ガンさん | Comment(0) | 甲殻類

ガザミ

か行
節足動物門 甲殻綱 十脚目 ワタリガニ科 ガザミ (蝤蛑)
学名 Portunus trituberculatus
食味 ★★★★★

内海の浅海に生息し菱形の甲羅をしている。
後ろの脚が平らなのが特徴で夜間になるとオールで漕ぐように泳ぎ、一般にワタリガニ(渡蟹)と呼ばれる。
旬は秋から冬で、秋になると実がよく入り、冬にかけて雌ガニは内子が充実してとても美味しい。
その他の名称 ヒシガニ(菱蟹)、ガザメ

🍴釣りバカ男の手料理
 ワタリガニ鍋


posted by ガンさん | Comment(0) | 甲殻類

タイワンガザミ

た行

節足動物門 甲殻綱 十脚目 ワタリガニ科 タイワンガザミ
学名 Portunus pelagicus
食味 ★★★★★
捕獲地 広島県尾道市

ワタリガニの一種で南方系のカニ。
雄と雌では色彩や形が大きく異なり、雄は脚が青く甲に白い筋模様がある。
一般にワタリガニと呼ばれるガザミは鋏脚の長節に4本トゲがあるのに対して、タイワンガザミは3本しかトゲがない。
アオバサミ、アオアタリ、青手、台湾ガニとも呼ばれる。


posted by ガンさん | Comment(0) | 甲殻類

ホソウデヒシガニ

は行

甲殻類 十脚目 ヒシガニ科 ホソウデヒシガニ
学名 Platylambrus laciniatus

浅い海の砂泥地に生息。
甲羅の数倍もある長いハサミ脚が特徴。
変わった形をしているが、釣りをしていても時々ひっかかり、それほど珍しいカニではない。

posted by ガンさん | Comment(0) | 甲殻類