コショウダイ

か行

スズキ目 イサキ科 コショウダイ属 コショウダイ (胡椒鯛)
学名 Plectorhinchus cinctus

体側に3本の斜めの縞模様があり、背側から尾ビレにかけて胡椒の実の様な黒い斑点がある。

別名 コロダイ、バダイ、ヘダイなど



posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目イサキ科

イサキ

あ行

スズキ目 イサキ科 イサキ属 イサキ (伊佐木、鶏魚)
学名 Parapristipoma trilineatum
食味 ★★★★★
捕獲地 日本海 (島根県)

主に岩礁地帯に群れになって生息し、夜行性で夜になると浮かびあがってエサを捕食する。
幼魚の体側には、イノシシの子に似た縞模様がでるので瓜坊(うりぼう)と呼ばれる。
成長するにつれこの縦縞は薄れ、成魚は30〜45cmになる。
初夏から夏が旬で塩焼きや刺身で食べると美味しい。

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目イサキ科

セトダイ

さ行せとだい

スズキ目 イサキ科 ヒゲダイ属 セトダイ (瀬戸鯛)
学名 Hapalogenys mucronatus
食味 ★★★☆☆

熱帯魚の様な姿で幅広い五条の横帯がある
全般に漁獲量は少ないが瀬戸内海では他の海域と比べると多く獲れるので瀬戸鯛の名が付いたようだ。 広島や岡山では「タモリ」と呼ばれ、鮮魚として市場に出回ることもある。
刺身や塩焼き、煮付けにして食べる。
磯の香りがして私感ですがあまり美味しくない。
その他の呼び名
コロダイ、トモモリ、コショウ、ビングシ
タグ:図鑑

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目イサキ科