スジエビ

さ行

十脚目 テナガエビ科 スジエビ属 スジエビ
学名 Palaemon paucidens

日本各地の池や川に分布する淡水のエビ。
モエビ、シラサエビと呼ばれる。
食用にもなるがメバル釣りのエサとして威力を発揮する。



posted by ガンさん | Comment(0) | 釣り餌

ドバミミズ

IMG_0112.JPG

釣り餌として売られているフトミミズ科のミミズを総称して「ドバミミズ」と呼び、シマミミズなどツリミミズ科のミミズは「キジ」と呼ばれている
ミミズは主に、ウナギ、ナマズ、イワナなど淡水の釣り餌であるが、ドバミミズは汽水域でもウナギ釣りの餌として用いられる
しかし、塩分濃度が濃くなると直ぐに死んでしまうので使えない
鉢巻き(環体と呼ばれる生殖器)に近い方が頭で、尾の方に針を刺すと千切れやすい
通常、鉢巻きから下に針を刺す
採取方法は、庭に落ち葉を集めて放置しておくと、湿った落ち葉と土場の間に集まってくる


posted by ガンさん | Comment(0) | 釣り餌

南極オキアミ

okizami.jpg

節足動物門 甲殻綱 十脚目 オキアミ科 ナンキョクオキアミ
学名 Euphausia superba

南極海に分布するエビに似た巨大な動物性プランクトン
巨大な群れを作って群泳し、鯨などの餌となる
冷凍ブロックにして釣り餌用に販売されておりコマセにすると集魚効果がある
また、サシエとしても万能でいろんな魚が釣れる
獲れる時期によって赤っぽいものと白っぽいものがあるが、サシエ用としては白っぽい方がよく釣れる

posted by ガンさん | Comment(0) | 釣り餌

ミナミヌマエビ

ま行

十脚目 ヌマエビ科 ミナミヌマエビ (南沼蝦)
学名 Neocaridina denticulata denticulata

日本各地の川や沼に分布する淡水のエビ。
体色は、若い雄は半透明で雌は茶色や緑黒色など様々。(画像はメス)
釣り餌にも利用され、ブツエビ、タエビなどと呼ばれる。
観賞用としても飼育され、雑食性なので生物の死骸や藻類、水垢などを食べ水槽を掃除してくれます。

posted by ガンさん | Comment(0) | 釣り餌

モロコ

ま行

コイ科の淡水魚で、小型のものはカサゴ釣りやメバル釣りの餌として使われる。
釣り具屋で「モロコ」と称して売られている魚種は、琵琶湖固有種のホンモロコ (学名 Gnathopogon caerulescens) や河川や用水路などに生息するタモロコ(学名 Gnathopogon elongatus)のほか、ヤナギモロコとも呼ばれるモツゴ (学名 Pseudorasbora parva)などが想定できるが、調べてみたら中国から輸入されたモツゴの様である。

posted by ガンさん | Comment(0) | 釣り餌

ユムシ

や行ゆ

ユムシ動物門 ユムシ綱 ユムシ目 ユムシ科 ユムシ
学名:Urechis unicinctus

この餌でよく釣れる魚
チヌ(黒鯛)、マダイ、スズキなど

釣り餌とし使われるほか食用にもなる。
コウジとも呼ばれ、一般的に小さいものをユムシ、大きいものをコウジとして区別されている。
また、日本で採れたものを本コウジ、中国産のものをスーパーコウジあるいはスーパーユムシと呼ばれている。

🍴釣りバカ男の手料理
 コウジの刺身




posted by ガンさん | Comment(0) | 釣り餌
<<前へ 1 2