サワラ

さ行

スズキ目 サバ科 サワラ属 サワラ (鰆)
学名 Scomberomorus niphonius
捕獲地 岡山県笠岡沖

体型は細長くスマートで、狭い腹から狭腹 (さはら) がサワラと呼ばれる様になったと言う説がある。
成長すると呼び名が変わる出世魚で、小さなものはサゴシ、60cm以上になるとサワラ呼ばれる。大きなものは1mを超える。
春から秋頃にかけては表層を回遊しながら小魚などを捕食する。
サワラ (鰆) は、魚へんに春と書くので春が旬と思われるが、寒鰆と呼ばれる冬に獲れたサワラは脂がのって一番美味しい。

🍴釣りバカ男の手料理
サワラ料理

刺身、タタキ、塩焼き、幽庵焼き、なめろう、バターポン酢焼きなど



posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

アイゴ

あ行あいご

スズキ目 ニザダイ亜目 アイゴ科 アイゴ属 アイゴ (藍子)
学名 Siganus fuscescens
食味 ★★☆☆☆
捕獲場所 広島県尾道市

木の葉型をした扁平な魚で、体色は変えることがある
釣り上げると、警戒色なのか鮮やかな斑模様が現れるが、死ぬと班が消え色も変わる
背鰭(せびれ)や尻鰭(しりびれ)に鋭い棘があり、それぞれに毒腺を備えているので刺さると激痛を伴う。死んでも毒はあり、刺さった場合は40〜60℃の湯に患部を入れると、痛みが軽減できるらしい。
雑食性であるが、幼魚は主に海藻を食べるので磯臭い。
西日本各地では「ばり」と呼ぶ。バリとは小便のことで、内臓や皮にアンモニア臭がする。

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

ウミタナゴ

あ行うみたなご

スズキ目 ウミタナゴ科 ウミタナゴ属 ウミタナゴ
学名 Ditrema temmincki
食味 25.gif

魚類では珍しく卵胎生で、4〜5月にかけて親とほぼ同じ姿の仔魚(しぎょ)を生む
釣りから帰ってクーラーを開けてみると、釣った覚えのない小さな魚が入っていてビックリさせられることがある
料理法は塩焼きやムニエルが定番であるが、小骨が多くて食べにくくあまり美味しくない

🍴釣りバカ男の手料理
 ウミタナゴの塩焼き


posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

シロギス (白鱚)

シロギス

スズキ目 キス科 キス属 シロギス (白鱚)
学名 : Sillago japonica
食味 : ★★★★☆

沿岸の砂浜域に生息し、音に敏感で、危険を感じると砂中に潜む習性をもつ。
エビ類やゴカイを捕食し、釣り上げた時のパールピンクの魚体は美しい。
小さくても引きが強いのが魅力
味は淡泊で天ぷら、塩焼きは大変美味しい。
昔は「きすご」と呼ばれており、江戸時代の百科事典「和漢三才図絵」には幾須吾(きすご)と記載されており、省略されてキスと呼ぶようになった

これまで釣った最長寸のキスは、

27cmでした。

🍴釣りバカ男の手料理
 キス料理

一夜干し、天麩羅、塩焼き、刺身、糸造り、南蛮漬け、マリネなど

posted by ガンさん | Comment(1) | スズキ目その他

スズキ

さ行すずき

スズキ目 スズキ科 スズキ属 スズキ (鱸)
学名 Lateolabrax japonicus
食味 ★★★★

体長は最大で1m以上になる。
大きな口で小魚を捕食し、下あごが上あごより前に出る。
出世魚として知られ、30cm以下をセイゴ、60cmまでをフッコ (関西ではハネ)、60cmを超えるとスズキと呼ばれる。
最近は、シーバス(Seabass)と呼ばれ海のルアーフィッシングの対象魚として人気が高い。
特に、ハリ掛かると海面をジャンプして逃げようとする「エラ洗い」が楽しめるのがシーバス釣りの醍醐味である。
産卵期は10月〜3月で、旬は肉質が良くなる6月〜8月。

これまでの自己最長記録は、

84cmでした。

🍴釣りバカ男の手料理
 スズキ料理

 カルパツチョ、洗い、刺身、塩焼き、奉書焼き、漬け丼、タタキなど

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

スズメダイ

さ行すずめだい

スズキ目 スズメダイ科 スズメダイ属 スズメダイ
学名 Chromis notata
食味 ★★★☆☆

スズメダイの仲間は300種類以上が知られ、中でも最も低水温に強く、8度でも耐えることができるとされる。
全長は15cmほどの小魚で群泳する。
小骨が硬く、お仙さんが喉に骨が刺さって死んだとの言い伝えからお仙殺し (オセンゴロシ) の異名がある
塩焼きや唐揚げ、背ごし、干物などで食べられる。味は普通。
別名 ヤハンドウ、ヤハン、ヤハチ、ヤハズ


posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

ダイナンギンポ

た行だいなんぎんぽ

スズキ目 タウエガジ科 ダイナンギンポ属 ダイナンギンポ
学名 Dictyosoma burgeri
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県三原市須波

日本各地沿岸の岩礁地帯に生息
ニシキギンポ科の「ギンポ」と似るが、体側の横に走る網目状の側線で区別できる。
ギンポ同様に天ぷらにすると美味しいが、刺身にしても身がコリコリとしてフグと間違えるくらい美味しかった

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

タカベ

た行

スズキ目 タカベ科 タカベ属 タカベ (鰖)
学名 Labracoglossa argentiventris
捕獲地  島根県沖の日本海

釣り上げた時は、背中が青く黄色い帯も鮮やかで熱帯魚みたいだったんだけど・・・
口は小さく下アゴは上アゴよりやや前方に出ている。
サイズは20cm前後の小型な魚だけど、小さな高級魚と呼ばれるほど味は絶品。
沖タカベとも呼ばれるフエダイ科のウメイロに似るが、タカベは背鰭や尻鰭、尾鰭が黄色であるのに対してウメイロは背鰭や尻鰭は黄色くない。

🍴釣りバカ男の手料理
 タカベの塩焼き


posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

タチウオ(太刀魚)

た行

たちうお

スズキ目 タチウオ科 タチウオ属 タチウオ (太刀魚・帯魚)
学名 Trichiurus lepturus
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県尾道市因島沖
捕獲方法 テンヤ仕掛け 餌はイワシ

名前の由来には、立ち泳ぎをするから、太刀に似ているからなどの説がある。
大きさは、体高(幅)を見て、指4本、指5本などと表現する。
釣り人達は、指6本以上の大物を「ドラゴン」と呼ぶ。
歯が大きく鋭いので釣り上げた時にケガをするので注意を要す。
釣り方は、イワシやサンマを餌にしたテンヤ仕掛けやジギングなどがある。
塩焼きやバター炒め、新鮮なうちは刺身にすると美味しい。
漢字で書くと【太刀魚】が一般的であるが、魚へんに刀の一文字で【魛】たちうおと読む。

これまで釣った最大サイズの太刀魚は、

たぶんこれかなぁ〜

🍴釣りバカ男の手料理
 太刀魚料理

 ムニエル、カルパツチョ、刺身、塩焼き、香草焼き、唐揚げなど

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

テンジクダイ

た行てんじくだい

スズキ目 テンジクダイ科 テンジクダイ属 テンジクダイ (天竺鯛)
学名 Apogon lineatus Temminck and Schlegel

沿岸の浅い砂泥底に生息し、底引き網などで捕獲する。
オスは口の中で卵を守る習性がある。
大きさは8cmくらいの小型で、骨っぽいが身は美味い。
瀬戸内海や関西では「ネブト」と呼ばれ、唐揚げにしてビールのおつまみなどでよく食べられる。

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他
1 2 次へ>>