ネズミゴチ

な行ねずみごち

スズキ目 ネズッポ科 ネズッポ属 ネズミゴチ 鼠鯒
学名 Repomucenus richardsonii
食味 

内湾の岸近くの浅い砂底に生息し、キス釣りの外道としてよく釣れる
ぬめりがあって調理は難しいが、天ぷらは絶品で刺身にしても美味い
昔の魚類図鑑には、「ノドクサリ」と表記されることもある
関東などメゴチとも呼ばれるが、コチ科に標準和名メゴチがあり別種である
その他の呼名
カッチョ(関西)、ズルゴチ、ハンダラコチ

似ているお魚
ワニゴチ



posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

ネンブツダイ

な行

スズキ目 テンジクダイ科 テンジクダイ属 ネンブツダイ (念仏鯛)
学名 Apogon semilineatus
採取地 日本海 (島根県)
採取方法 サビキ仕掛け

体長は10cm前後の小魚。
尾びれの近くに黒い斑点があるのが特徴。
クロホシイシモチにも似るが、ネンブツダイは頭の後方に黒い斑点がない。
雄の親魚が子を口の中で育てる、いわゆる口内保育の習性がある。これをマウスブルーダーと呼ぶ。
頭には耳石をもっているので地方ではイシモチとも呼ばれる。
その他の呼び名 アカジャコ 

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

フエフキダイ

は行

スズキ目 フエフキダイ科 フエフキダイ属 フエフキダイ (笛吹鯛)
学名 Lethrinus haematopterus
食味 ★★★☆☆
捕獲場所  日本海 (島根県)

真鯛の様に体高があり口がやや突き出ているのが特徴
その形が口笛を吹いているように思えるので笛吹鯛の名が付いた様です
体長は50cm位になる
身は透明感のある白身だが磯臭さがある
口の中が赤いのでクチビ(口緋・口火)と呼ばれる
その他、地方ではタマミ、タマメとも呼ばれる

🍴 釣りバカ男の手料理
煮付け
 フエフキダイの料理


posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

マサバ

alt=

スズキ目 サバ科 サバ属 マサバ (真鯖)
学名 Scomber japonicus
食味 ★★★☆☆

日本各地や世界中の亜熱帯〜温帯域に生息し、主に表層を回遊する。
寿命は6〜7年と言われ、成魚は体長50cmを超えるものもいる。
旬は、脂がのる秋から冬にかけてで、夏は味が落ちる。
佐賀関で水揚げさる「関さば」や佐田岬でとれる「岬さば」は高級ブランドして有名。
鯖は鮮度が直ぐに落ち「鯖の生き腐れ」とも言われるが、大型で新鮮なものを刺身で食べるととても美味しい。
ただし、生で食べる場合は寄生虫のアニサキスに感染することがあるので注意が必要。


🍴釣りバカ男の手料理
 サバ料理

刺身、しめ鯖、塩サバ、りゅうきゅう、なめろう、味噌煮など

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

ムツ

ま行

スズキ目 ムツ科 ムツ属 ムツ
学名 Scombrops boops
捕獲地 日本海(島根県)

幼魚は沿岸の浅場で成育するが、成魚は水深200m〜500mの深場に生息し、体長は50cm〜1m位になる。
旬は冬とされ、白身で美味しく鍋物や塩焼き、刺身などで食べられる。
ただし、身は柔らかい。

🍴釣りバカ男の手料理
 ムツの煮付け




posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他

メジナ

ま行

スズキ目 スズキ亜目 メジナ科 メジナ属 メジナ (目仁奈)
学名 Girella punctata Gray
食味 ★★★☆☆
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町佐島

体色は青緑色を帯びているが、死ぬと黒くなる。
関西ではメジナを「グレ」、九州では「クロ」と呼ぶ。
クロメジナとよく似ているが、クロメジナは尾びれの切れ込み深く「尾長メジナ・尾長グレ」と呼ばれる。尾長に対してメジナを「口太メジナ・口太グレ」とも呼ばれる。
メジナの旬は11〜2月頃で「寒メジナ・寒グレ」と呼ばれ、身が締まり、脂が乗って美味しい。一方、 暖かい時期のものは磯臭さがある。

🍴釣りバカ男の手料理
 グレの刺身



posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目その他
<<前へ 1 2