アオリイカ

あ行

頭足綱 ツツイカ目 ジンドウイカ科 アオリイカ属 アオリイカ
学名 Sepioteuthis lessoniana
食味 ★★★★★
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町弓削佐島
捕獲方法 餌木釣り (エギング)

体型はコウイカに似るが、アオリイカは甲を持たないので区別できる
目玉が大きく、その周りがエラルドグリーンなのが特徴
春から初夏にかけて産卵のため浅場にやってきて大型のアオリイが釣れる。秋になると形は小さいが数釣りが楽しめる。
「餌木」と言う和製ルアーを使った釣り方「エギング」が最近人気を呼んでいる。
また、アジなどの活きた魚を泳がせてアオリイカに捕食させ、ヤエンと呼ばれる釣具を降ろして引っ掛ける「ヤエン釣り」と呼ばれ釣法もある
身が厚くて甘味があり、刺身などにするととても美味しい
アオリイカを漢字にすると「障泥烏賊」「煽烏賊」と書く
障泥(あおり・しょうでい)は、馬の腹に付ける泥除けで、鐙(アブミ)で障泥を蹴って馬を急がことを「あおりを打つ」と言い、馬を煽る動作から「あおり」の呼び名がつけられた説と、障泥がアオリイカの形に似るので「あおり」と呼ばれる様になった説がある
地方名でミズイカ、バショウイカ、モイカなどと呼ばれる。

🍴釣りバカ男の手料理
 アオリイカ料理

刺身、握り寿司、沖漬け、一夜干し、姿焼き、バター炒めなど



posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類

カミナリイカ

か行

コウイカ目 コウイカ科 カミナリイカ (雷烏賊)
学名 Sepia lycidas Gray
捕獲地 愛媛県上島町佐島

コウイカに似るが最大で胴長40cm、2kg位になる大型のイカ。
胴に唇の様な斑紋が散らばるのが特徴で、一般にはモンゴウイカ (紋甲烏賊) と呼ばれる。
カミナリイカの語源は、雷がよく鳴る春から初夏にかけて産卵のため岸近くに回遊して来てよく採れるからと言われる。

posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類

ケンサキイカ

か行
日本海 (鳥取市青谷沖) で釣ったケンサキイカ
IMG_4955.JPG
瀬戸内海 (愛媛県越智郡上島町) で釣ったケンサキイカ

ツツイカ目 ヤリイカ科 ケンサキイカ属 ケンサキイカ (剣先烏賊)
学名 Uroteuthis edulis
食味 ★★★★★

刺身にすると他のイカと比べて透明感があり甘味は強く、高級イカの代名詞になっている。
真水で洗うと身が白っぽくなるのでお造りにする時は出来るだけ水を使わない。
胴長は40cm位になり特大サイズは「弁慶」と呼ばれる。
山口ではマイカ、山陰ではシロイカ、伊豆諸島ではアカイカと呼ばれる。
また、佐賀県の呼子などではヤリイカとも呼び、ヤリイカやアカイカは別種がいるのでややこしい。
先端が尖りヤリイカとよく似ているが、ケンサキイカの方が食腕が太くて長く、胴は丸みを帯びているので関東ではマルイカとも呼ばれる。
イカの内臓を取り除いて干物にしたものを鯣(スルメ)と呼ぶが、ケンサキイカやヤリイカを乾燥させるたものは「一番スルメ」と呼ばれ、スルメイカを乾燥させたものは「二番スルメ」とランク分けされる。


posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類

コウイカ

か行

コウイカ目 コウイカ科 コウイカ属 コウイカ (甲烏賊)
学名 Sepia esculenta
食味 ★★★★☆

砂泥質の海底近くにすみ、春から初夏にかけて産卵のため接岸してくる
体内に石灰質で出来た固い甲羅をもつことから甲イカと呼ばれ、甲の後端には棘が出ているので、針イカとも呼ばれる
よく似たシリヤケイカも一緒に釣れることがあるが、シリヤケイカには棘が無く、その代わりその部分から茶色い液体が出るので区別できる
また、この種のイカは他のイカに比べ大量の墨を吐くので墨イカとも呼ばれる
群れで行動し、当たり年と釣れない年がある
別名 スミイカ(墨烏賊)、ハリイカ(針烏賊)、マイカ(真烏賊)

posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類

シリヤケイカ

さ行

コウイカ目 コウイカ科 シリヤケイカ属 シリヤケイカ (尻焼烏賊)
学名 Sepia japonika
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県尾道市因島

胴長は20cm程度になり、胴の表側に白い小さな斑点がたくさある
コウイカと良く似ているが 胴の先端(後端)には針の様な突起が無く、その裏側から赤茶色の分泌液を出し、あたかもお尻が炎で焼けている様に見えることから由来する
コウイカ同様にスミは大量に吐く
ika.jpg
左コウイカ (ハリイカ) 、右シリヤケイカ


posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類

スルメイカ

surume.jpg

ツツイカ目 アカイカ科 スルメイカ属 スルメイカ (鯣烏賊)
学名 Todarodes pacificus
食味 ★★★★
捕獲地 日本海 (鳥取市青谷沖)

日本で一番消費量が多いイカ。価格は安い。
ケンサキイカやアオリイカと比べると味は落ちる。
麦の穂が実る頃みによく釣れる胴長20cm以下の若いスルメイカをムギイカと呼ぶ。
また、「あたりめ」 と呼ばれることがあるが、するめのする (使い果たす・損する) を忌み嫌い、当たるに言い換えて「当たりめ」と呼ばれる様になった。
そのほか、地方によってはマツイカ、真イカ、サルイカなどと呼ばれる。


posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類

ベイカ

は行

ツツイカ目 ヤリイカ科 ジンドウイカ属 ベイカ
学名 Loliolus (Nipponololig) beka Sasaki,1929
食味 ★★★★
捕獲場所 広島県尾道市浦崎町
捕獲方法 ライトエギング (おっぱいスッテ)

体長は5〜10cmぐらいの小型のイカ
浅くて塩分濃度の低い汽水域や沿岸に生息
新鮮なものは刺身にすると美味しい
また、塩茹でや煮物にしても軟らかく甘みがある
小さなイカスッテやモエビを餌にして引っ掛けて釣る
別名 チイチイイカ

タグ:イカ

posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類

ミミイカ

ま行

コウイカ目 ダンゴイカ科 ミミイカ (耳烏賊)
学名 Euprymna morsei
捕獲場所 岡山県笠岡市夏目港

全長5p程になる小型のイカ。
丸い鰭(エンペラ)がまるでミッキーマウスの耳のように見えるのが特徴。
夏になるとミミイカが増え、瀬戸内海ではこのイカに似せた「ミミイカサビキ」でマダイ釣りが行われる。

posted by ガンさん | Comment(0) | イカ類