アカササノハベラ

あ行

スズキ目 ベラ科 ササノハベラ属 アカササノハベラ
学名 Pseudolabrus eoethinus
補各地 日本海

ホシササノハベラよりやや沖合いの岩礁に生息。
体色は赤みか強い。
目の下から胸鰭にかけて黒い筋がある。




posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目ベラ科

キュウセン

か行キューセン
キュウセン 雄 (青ベラ)

ギザミ
キュウセン 雌 (赤ベラ)


スズキ目 ベラ科 キュウセン属 キュウセン
学名 Halichoeres poecilopterus
食味 ★★★☆☆

オス(青ベラ)とメス(青ベラ)では体色が全く異なり、別種の様にも思える
メスからオスへ性転換することで知られ、つまり、オスはメスよりも大型で、小型のオスはいない
メスの体側に一本の黒褐色の縦線とその上下に赤褐色の8本の点線があることからキュウセン (九仙・九線)と呼ばれる。
寝るときは砂にもぐって眠る
関東ではあまり食べられないが、瀬戸内のものは外海のものより身がしまって美味しく高級魚として珍重される。
別名 ベラ、ギザミ(瀬戸内)

🍴釣りバカ男の手料理
 ベラ科の魚料理

甘酢あんかけ、南蛮漬け、塩焼き、唐揚げ、煮付けなど

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目ベラ科

コブダイ

か行こぶだい

カンダイ
コブダイの幼魚

スズキ目 ベラ科 コブダイ属 コブダイ
学名 Semicossyphus reticulatus
食味 ★★★★☆

幼魚は体が赤っぽく、背びれや尻びれ、尾びれが黒い。目から尾びれまで白い線が走る。
成長すると全身が赤褐色になり見た目は全く別の魚になってしまう。
成長したオスの額にはコブのような出っ張りがある。
体長は1mを超える
暖かい時は、水っぽくて臭みがあるが、旬の冬は非常にうまく高級魚として扱われ、カンダイ(寒鯛)とも言う。


posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目ベラ科

ホシササノハベラ

ほしささのはべら
ホシササノハベラ (雌)

ホシササノハベラ
ホシササノハベラ (雄)

は行
これもホシササノハベラ ??

スズキ目 ベラ科 ササノハベラ属 ホシササノハベラ
学名 Pseudolabrus sieboldi
食味 ★★★☆☆
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町

内湾の岩礁域に生息し、一般にイソベラとも言う
オス・メスで色彩が違い、オスの方が鮮やか
外洋型のアカササノハベラとよく似ており、最近まで「ササノハベラ」として同一種であった。
身は臭みがあるので料理は工夫が必要

タグ:ベラ

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目ベラ科

ホンベラ

ほんべら

スズキ目 ベラ科 キュウセン属 ホンベラ
学名 Halichoeres tenuispinnis
食味 ★★★☆☆

沿岸の海藻が茂った岩礁帯に多くすむ。
体長は10cm程度の小型のベラ
メスや若魚の体色は薄い赤茶色で、オスの体色は背側が薄い赤色で、薄緑色のまだら模様があり地域によってやや違いがある。
ホンベラの雄はキュウセンの雄によく似るが、キュウセンは体側中央に明瞭な暗色縦帯があるが、ホンベラには無い

タグ:ベラ 魚類

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目ベラ科