ウルメイワシ

あ行

ニシン目 ニシン科 ウルメイワシ属 ウルメイワシ (潤目鰯)
学名 : Etrumeus teres
捕獲地 : 愛媛県今治沖

目が大きくて潤んでいるように見えることからウルメイワシと呼ばれる。
体側には、マイワシのような斑点がない。
腹ビレは背ビレより後ろに位置し、マイワシやカタクチイワシは腹ビレと背ビレはほぼ同じ位置にある。
傷みが早いので丸干しや目刺しなどの干物に加工されることが多いいが、新鮮なうちに刺身などにして食べると絶品です。
マイワシより脂肪は少ないが、イワシ類のなかで最も旨味が強いとされる。

🍴釣りバカ男の手料理

イワシ料理




posted by ガンさん | Comment(0) | ニシン目

カタクチイワシ(片口鰯)

か行かたくちいわし

ニシン目 カタクチイワシ科 カタクチイワシ属 カタクチイワシ (片口鰯)
学名 Engraulis japonica
食味 ★★★★
捕獲地 岡山県笠岡市沖

日本各地の沿岸の表層で大きな群れですむことが多い
体長は、10〜15cmほどの小魚
上顎が下顎よりも前方に出ており、口の形が片寄って見えることからこう呼ばれる
英語では、Anchovy (アンチョビー)
畳鰯、シラス干 (ちりめんじゃこ) 、目刺し、煮干などに加工される。
広島ではカタクチシワシのことを小鰯と称し、刺身にしてよく食べ、「7回洗えば 鯛の味」と言われるほど美味しい。

その他の呼び名
どろめ(土佐)、シコ・シコイワシ(東京)、たれくち(和歌山)など

posted by ガンさん | Comment(0) | ニシン目

コノシロ

か行このしろ

ニシン目 ニシン科 コノシロ属 コノシロ (鰶・鮗・子代)
学名 Konosirus punctatus
食味 ★★★☆☆

内湾や河口域に生息する汽水・海水魚
全長は25cm位になる。
背びれの後部が糸のようにのびているのが特徴。
出世魚とされ、体長5cm前後をシンコ、10cm前後をコハダ、13cm前後をナカズミ、15cm以上をコノシロと呼び、 コハダ (小肌) サイズは、江戸前の寿司だねになる。
小骨が多く、酢漬けにすると骨が柔らかくなり、骨どこ食べられる。

🍴釣りバカ男の手料理

コノシロの刺身


posted by ガンさん | Comment(0) | ニシン目

サッパ

さ行さっぱ

ニシン目 ニシン科 サッパ属 サッパ
学名 Sardinella zunasi
食味 ★★★★

体長は20cmくらいまでで、内湾や河口の汽水域などに群れを作って生息する。
小骨が多いので酢漬けなどにして良く食べられ、瀬戸内沿岸では「ままかり」と呼ばれ親しまれている。
ママカリは「飯借り」と書き、隣の家から飯を借りるほど旨いに由来する。
また、「サッパ」の名前は味が淡白でさっぱりしているからているらしい。
釣り方は、潮通しが良い所にサビキ仕掛けを降ろす鈴生りになって釣れる。
釣ったサッパには、1割位の確率でフナムシのような形をした「サッパヤドリムシ」が寄生していることがある。

🍴 釣りバカ男の手料理
ママカリ料理

握り寿司、甘露煮、酢漬け、南蛮漬け、唐揚げなど

posted by ガンさん | Comment(1) | ニシン目

マイワシ

ま行

ニシン目 ニシン科 マイワシ属 マイワシ (真鰯)
学名 Sardinops melanostictus
食味 ★★★☆☆

日本各地に生息し群れになって回遊する
カタクチイワシよりも大きく体長は20cm位になる。稀に30cmを超えるものもいる。
体側に黒い斑紋が縦に7つ程度並ぶのが特徴で、別名「ナナツボシ」と呼ぶ地域もある。ただし個体によっては2〜3列あるものや、逆に斑点が無いものもいる。
また、輸入品のカリフォルニアマイワシは体長30cm前後になり、黒い斑紋はマイワシよりも大きくよく目立ち、紋の数も多い。

posted by ガンさん | Comment(0) | ニシン目