ハオコゼ

は行はおこぜ

カサゴ目 ハオコゼ科 ハオコゼ属 ハオコゼ
学名 Hypodytes rubripinnis
食味 食べられるが通常食用にしない

浅海のアマモ場、岩礁域にすむ。
体長10センチ位のかわいい魚だが、各鰭の棘に毒腺があり刺されると非常に痛むので要注意。
別名 各地でいろんな呼び名がある。備後地方では、カラコゲ、カラコギ、ヒメ、お姫さんなど



posted by ガンさん | Comment(1) | カサゴ目

ホウボウ

IMG_4349.JPG

カサゴ目 ホウボウ科 ホウボウ属 ホウボウ (魴鮄)
学名 Chelidonichthys spinosus
捕獲地 日本海出雲沖

胸鰭が進化した左右6本の軟条で方々を歩くようにして餌を探すチョッと変わったお魚です。
名の由来も、方々を歩き回ることからきた説がある。
胸鰭は鮮やかな青緑色で翼のように大きく広がり、まるでオオムラサキの羽に様である。
釣り上げるとグウグウと浮き袋から音を出す。
ホウボウは、昔からお食い初めの時に食べる目出度いお魚として珍重されている。

🍴釣りバカ男の手料理

唐揚げ、刺身、浮き袋の湯引き、アクアパッツァ、皮ポン、ヅケ丼、ポワレ、なめろう、アラ汁など

posted by ガンさん | Comment(0) | カサゴ目

マゴチ

ま行まごち

カサゴ目 コチ科 コチ属 マゴチ (鯒)
学名 Platycephalus sp.2
食味 ★★★★☆

雄性先熟の性転換をおこなう魚で知られ、満2才頃、体長35cm位までは雄で、40cmを超えると全てメスである。
魚体は扁平で口が大きく下顎が上顎より前に出る。
目は小さく尾びれに大きな斑点がある。
身は歯ごたえのある白身で、鮮度 (身の弾力) は早く落ちる。
薄造り、寿司種、天ぷら、煮付けなどが美味しい。
旬は夏で、カンカン照りの時によく釣れるので 「照りゴチ」 とも呼ばれる。
その他の呼び名 ホンゴチ、クロゴチ、ゴチゴロウ

似ているお魚
ワニゴチ
イネゴチ

posted by ガンさん | Comment(0) | カサゴ目

ムラソイ

ま行

カサゴ目 フカカサゴ科 メバル属 ムラソイ (斑曹以)
学名 Sebastes pachycephalus

沿岸の岩礁域やテトラロポッドなどに生息。
厳密には、ムラソイ、オウゴンムラソイ、ホシナシムラソイ、アカブチムラソイの亜種に分けられる。

posted by ガンさん | Comment(0) | カサゴ目

メバル

ま行めばる
尺メバル
カサゴ目 フサカサゴ科 メバル属 メバル (目張・眼張・鮴)
学名 Sebastes inermis
食味 ★★★★

岩礁帯や海草などの障害物の周りに群れをつくって棲息している
大きな目から「目張る」というのが名前の由来らしい。早春に良く釣れ「春告魚」と書くこもある。
生息場所によって体色が変化し、「アカメバル」「クロメバル」「キンメバル」などと呼ばれる。
別名 ウキソ、メバチ、ソイ、クロなどの地方名がある。

🍴釣りバカ男の手料理
 メバル料理

姿造り、煮付け、塩焼き、アクアパッツァ、握り寿司など

posted by ガンさん | Comment(0) | カサゴ目

ワニゴチ

わ行

カサゴ目 コチ科 トカゲゴチ属 ワニゴチ (鰐鯒)
学名 Inegocia ochiaii
食味 ★★★☆
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町岩城

口が大きくて口の周りが長いところがワニに似ているのでワニコチと呼ばれる
眼の下や後部の表面に小さなトゲがる
体長は60cmを超えることもあり、漁獲量は少ない
味はマゴチより劣る
顔が長いところはイネゴチに似るが、イネゴチは全身に小さな斑紋がある

似ているお魚
イネゴチ
マゴチ
ネズミゴチ


posted by ガンさん | Comment(0) | カサゴ目
<<前へ 1 2