テンジクダイ

た行てんじくだい

スズキ目 テンジクダイ科 テンジクダイ属 テンジクダイ (天竺鯛)
学名 Apogon lineatus Temminck and Schlegel

沿岸の浅い砂泥底に生息し、底引き網などで捕獲する。
オスは口の中で卵を守る習性がある。
大きさは8cmくらいの小型で、骨っぽいが身は美味い。
瀬戸内海や関西では「ネブト」と呼ばれ、唐揚げにしてよく食べられる。



posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目テンジクダイ科

ネンブツダイ

な行

スズキ目 テンジクダイ科 テンジクダイ属 ネンブツダイ (念仏鯛)
学名 Apogon semilineatus
採取地 日本海 (島根県)
採取方法 サビキ仕掛け

体長は10cm前後の小魚。
尾びれの近くに黒い斑点があるのが特徴。
クロホシイシモチにも似るが、ネンブツダイは頭の後方に黒い斑点がない。
雄の親魚が子を口の中で育てる、いわゆる口内保育の習性がある。これをマウスブルーダーと呼ぶ。
頭には耳石をもっているので地方ではイシモチとも呼ばれる。
その他の呼び名 アカジャコ 

posted by ガンさん | Comment(0) | スズキ目テンジクダイ科