ショウサイフグ

さ行

フグ目 フグ科 トラフグ属 ショウサイフグ (潮際河豚)
学名 Takifugu snyderi

コモンフグに似るが体はツルツルしており、白い斑紋は細やか。
目の下まで斑紋があるのでナシフグとは区別できる。
卵巣や肝臓は猛毒。皮膚と腸は強毒、身や白子は弱毒〜無毒とされているが、瀬戸内海にはナシフグとコモンフグの交配種がいるらしく、ショウサイフグと見分けがつきにくいので注意が必要。



posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

アミメハギ

あ行

フグ目 カワハギ科 アミメハギ属 アミメハギ (綱目剥)
学名 Rudarius ercodes Jordan and Fowler

体長は成魚でも7〜8cmの小型の魚。
カワハギの仲間で沿岸の岩礁や流れ藻などについて生息。
生息場所によって体色が変化する。

posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

シマフグ

さ行

フグ目 フグ科 トラフグ属 シクフグ (縞河豚)
学名 Takifugu xanthopterus
捕獲地 日本海出雲沖

背中に黒と白の縞模様があり、ヒレは黄色。皮に小さな棘がたくさんあり、強く触ると痛い。
体長は60センチ以上になる大型種。
釣り上げる時、水面近くに来ると船影を見て驚くのか、青物と間違えるほど暴れる様に引く。
身は硬いが水分が多く、刺身にする時はさらしなどに巻いて一晩置いておくと良い。
卵巣や肝臓は強毒。身や皮、白子は無毒

🍴釣りバカ男の手料理
 シマフグのタタキ

その他、刺身、皮ポン、唐揚げ、ふぐ鍋など

posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

ウマヅラハギ

あ行うまづらはぎ

フグ目 カワハギ科 ウマヅラハギ属 ウマヅラハギ (馬面剥)
学名 Thamnaconus modesoides
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県尾道市向島
捕獲方法 胴付き仕掛け 餌はオキアミ

北海道以南の浅い砂底及び岩礁域に生息
文字通り馬の顔に似て長いのでウマヅラハギという名前がついたようだ
味はカワハギよりは若干劣る。特に肝は臭みがある。
ウマヅラハギはクラゲを食べると言うが、釣りをしている時に集団でクラゲを食っているのを実際に目にしたことがあります。
別名 ハゲ、長ハゲ、クロギ、クロバキ (クロバキはニザダイ科のお魚さんですが、瀬戸内ではウマヅラハギのことをクロハギのと呼んでます)

posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

カワハギ

IMG_0186.JPG

フグ目 カワハギ科 カワハギ属 カワハギ (皮剥)
学名 Stephanolepis cirrhifer
食味 ★★★★★
捕獲地 広島県福山市内海町

餌取りの名人で釣るにはなかなか厄介
ざらざらした表皮は簡単に剥がせることからこの名前がついた。
オスは背びれの軟条前部が糸状に細く伸びる
カワハギの肝は絶品
別名 マルハゲ、本ハゲ、ホンカワ

🍴釣りバカ男の手料理
 カワハギ料理

肝和え、薄造り、ちり鍋、煮付けなど


posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

クサフグ

か行くさふぐ

フグ目 フグ科 トラフグ属 クサフグ (草河豚)
学名 Takifugu niphobles

青森から沖縄県にかけての日本各地の沿岸浅所に生息
卵巣・肝臓・腸は猛毒、皮膚は強毒、筋肉と精巣は弱毒。
背面と側面は暗緑色地に小白斑が散布し、背面・腹面に小棘が密生している
トラフグの幼魚に似るが黒斑に白い縁取りがない
5月〜7月の大潮の頃に大群で浅瀬に押し寄せて産卵する。
砂に潜る習性があり砂ふぐとも呼ばれる

フグの由来 を調べてみました。
平安時代には「布久(ふく)」あるいは「布久閉(ふくべ)」と呼ばれていたようです。
これは、海底で砂を吹き、出てきたゴカイ類を食べる性質があるためとする説があります。
今でも山口では、濁らずにフク(福)と呼ばれています。
現在、漢字では「河豚」と書きますが、「海」では無く何故「河」になったのでしょうか?
「海豚」はイルカですが、こちらは海に住む豚に似た生き物として当て字になったようです。
フグの場合は、釣り上げた時に歯軋りをして豚の泣き声に似た音をだし、昔中国では揚子江や黄河などの河口に多く生息していたからの様です。


posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

コモンフグ

か行こもんふぐ

フグ目 フグ科 トラフグ属 コモンフグ (小紋河豚)
学名 Takifugu poecilonotus
食味 ★★★★★

北海道以南の沿岸の浅いところに生息
卵巣と肝臓は猛毒、精巣、皮膚、腸は強毒、肉も弱毒とされ岩手県や宮城県で漁獲されたものは食用不可とされる
コモクフグ白子の食中毒事例
この辺のは、身だけ食べれば死なない
ナシフグと似るが、コモンフグには目の下まで小紋がある。背と腹に小棘がありざらざらしている。
肉は白く、ナシフグと比べても身がしまって歯ごたえがあり非常に美味しい
名は、体の模様が江戸小紋の柄に似ていることから由来する
別名 名古屋フグ (総称)


posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

シロサバフグ

さ行しろさばふぐ

フグ目 フグ科 サバフグ属 シロサバフグ(白鯖河豚)
学名 Lagocephalus wheeleri.
食味 ★★★☆☆

北海道から九州の海域に生息。
身は軟らかく、他のフグに比べるとうまくない。
一般的には無毒とされるていが、食べる場合は自己責任で。
光るハリスや道糸はすぐに噛み切るので、光らない糸を使うとよい。
別名 カナフグ、カナト、銀フグ、金フグ

タグ:フグ

posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

ナシフグ

な行なしふぐ

フグ目 フグ科 トラフグ属 ナシフグ (梨河豚)
学名 Takifugu vermicularis
食味 ★★★★☆
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町弓削島沖
捕獲方法 ワイヤーハリスの胴付き仕掛け 餌は冷凍エビ

瀬戸内海及び九州西岸海域に生息
卵巣、肝臓、腸、皮膚に猛毒また、一部のナシフグの筋肉部に毒性のあるものがある。
有明海産や香川・岡山産のものは身の無毒が確認され販売が認められている
なお、香川県産のナシフグは「讃岐でかぶく」の商品名で売られている
コモンフグと似るが、目の下には小紋が無く、尾鰭の下が白い。また、小棘が無く全体にぬるぬるしている。
また、胸びれ後方上部に大きい黒紋があり、その周囲が白くて菊の花のように形どられている。
よく似たショウサイフグも小棘が無いが、こちらは目の下まで小紋があり、胸ビレ後方の紋が小さいのでので見分けがつく
身はコモンフグよりも若干やわらかくて水っぽく、味はやや落ちる。

別名 名古屋フグ (総称)
ショウサイフグやヒガンフグなどともに総称して名古屋フグと言うが、いずれも毒性が強く、毒にあたれば尾張(終わり)名古屋から由来する

タグ:ふぐ 河豚

posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

トラフグ

た行とらふぐ

フグ目 フグ科 トラフグ属 トラフグ
学名 takifugu porphyreus.
食味 ★★★★★
捕獲地 広島県福山市内海町

卵巣と肝臓は強毒、腸は弱毒、精巣・皮膚・肉は無毒。
胸鰭の後方に白く縁取られた大きな黒色斑があり、尻鰭は白い。背面に小棘がある。
別名 ホンフグ、モンフグ、オオフグ

タグ:トラフグ

posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目
1 2 次へ>>