ナシフグ

な行なしふぐ

フグ目 フグ科 トラフグ属 ナシフグ (梨河豚)
学名 Takifugu vermicularis
食味 ★★★★☆
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町弓削島沖
捕獲方法 ワイヤーハリスの胴付き仕掛け 餌は冷凍エビ

瀬戸内海及び九州西岸海域に生息
卵巣、肝臓、腸、皮膚に猛毒また、一部のナシフグの筋肉部に毒性のあるものがある。
有明海産や香川・岡山産のものは身の無毒が確認され販売が認められている
なお、香川県産のナシフグは「讃岐でんぶく」の商品名で売られている
コモンフグと似るが、目の下には小紋が無く、尾鰭の下が白い。また、小棘が無く全体にぬるぬるしている。
また、胸びれ後方上部に大きい黒紋があり、その周囲が白くて菊の花のように形どられている。
よく似たショウサイフグも小棘が無いが、こちらは目の下まで小紋があり、胸ビレ後方の紋が小さいのでので見分けがつく
身はコモンフグよりも若干やわらかくて水っぽく、味はやや落ちる。

別名 名古屋フグ (総称)
ショウサイフグやヒガンフグなどともに総称して名古屋フグと言うが、いずれも毒性が強く、毒にあたれば尾張(終わり)名古屋から由来する




posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目

ヒガンフグ

は行ひがくふぐ

フグ目 フグ科 トラフグ属 ヒガンフグ (彼岸河豚)
学名 Takifugu pardalis
食味  ★★★★★

卵巣と肝臓は猛毒、皮膚と腸は強毒、精巣は弱毒、筋肉は食用可。但し、地方(岩手県や宮城県など)により毒性がある場合もあるので要注意。
皮膚に棘はないが、微小の粒状の突起物に覆われている。
春の彼岸の頃に産卵のため接岸し、良く釣れるのでヒガンフグと呼ばれている。
別名 ナゴヤフグ(総称)、目が赤いので市場ではアカメと呼ばれるが、アカメフグは別種。
大きなヒガンクフグを上から見るとガマニガエルに似ているので、釣り人は 「ガマガエル」 と呼ぶことがある。

posted by ガンさん | Comment(0) | フグ目
<<前へ 1 2