リシケタイラギ

ら行

ウグイスガイ目 ハボウキガイ科 リシケタイラギ
学名 Atrina lischkeana Clessin
採取地 広島県福山市松永湾

タイラギは殻の表面は滑らかであるが、リシケタイラギはうろこ状の突起列が放射状に出ている。明治時代のドイツの動物学者のリシケにちなんで名づけられた。
三角形をした二枚貝で、殻は柔らかく壊れやすい。
貝柱が大きくて美味しい。
環境悪化で生息数が減少し準絶滅危惧に指定されている。

🍴釣りバカ男の手料理

タイラギ料理




posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物

ハボウキガイ

は行

ウグイスガイ目 ハボウキガイ科 ハボウキガイ (羽箒貝)
学名 Pinna bicolor Gmelin
採取地 広島県福山市松永湾

浅瀬の砂泥底に貝殻の尖った方を突き立てた状態で生息している。
タイラギに似ているがそれよりも細長い。
貝柱やヒモ、水管などを食用とするが貝柱はタイラギと比べると小さい。

posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物

アカニシ

あ行

巻貝綱(腹足綱) バイ目 (新腹足目)  アッキガイ科 アカニシ (赤螺)
学名 Rapana venosa

内湾の浅い海に生息す巻貝
殻の口が赤いのでアカニシの名がつき、略して「にし」と呼ばれる
5月頃、干潮になって捨石やテトラの間を探し歩くとよく採れる
身は硬く刺し身にすると美味しい
塩茹でや壷焼きにしても良い


posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物

ウオビルの仲間

IMG_0492.JPG
釣ったコモンフグの腹部にくっ付いていました
体長は2〜3cmで、引っ張ってもなかなか放れませんでした
多分、寄生して養分となる血を吸っているのでしょう
このヒルはフグの毒に免疫があるのでしょうかね?

posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物

ウミエラ

あ行

ウミエラ目ウミエラ科の腔腸 (こうちょう) 動物。
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町

キス釣をしている時に引っかかったエイリアンの様な生物!?
体長は20cmくらいです。
赤色の部分を海底の砂泥に突き刺して流されないように直立させている。
上部のエラ状の表面にポリプがありプランクトンや小魚などを捕食する。
サンゴやイソギンチャクの仲間

posted by ガンさん | Comment(2) | その他の海洋生物

ウミケムシ

あ行うみけむし

多毛綱 ウミケムシ目 ウミケムシ科 ウミケムシ属 ウミケムシ (海毛虫)
学名 Amphinomidae Chloeia flava
捕獲場所 広島県福山市内海町横島沖

側部に体毛をもち、その毛が皮膚に刺さると抜けやすく、しかも毒があるので痛みを伴う
投げ釣りの際に外道として釣れることがあり、注意が必要
サイズは体長15cmを越えるものもある
砂底で見つかることが多く、よく泳ぐようです。
英語名は Fireworm

posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物

ウミサボテン

IMG_1985.JPG

刺胞動物門 花虫綱 ウミエラ目 ウミサボテン科 ウミサボテン
学名 Cavernularia obesa
採取地 岡山県笠岡市

夜になると突起がある側が大きく伸びてポリプを広げる。
刺激を与えると発光するらしい。
流されないように根元の部分を砂に突き刺して生活している。

posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物

ムラサキイガイ

ま行むらさきいがい

イガイ目 イガイ科 ムラサキイガイ (紫貽貝)
学名:Mytilus galloprovincialis

地中海が原産地だが、船舶の底に付着し、繁殖力のの強さから世界中に分布を広げたと言われている。
ヨーロッパイガイなどと共に食用とされ、近似種とともにムール貝と呼ばれる。
チレニアイガイ、シウリガイ、カラス貝と呼ばれることがある。
瀬戸内海などで漁獲されるイガイと同様に「瀬戸貝」として炊き込みご飯などにすることがある。
貝毒が報告されているので注意か必要。
また、小さなものはクロダイの落とし込み釣りの餌としても利用される。

posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物