ムラサキイガイ

ま行むらさきいがい

イガイ目 イガイ科 ムラサキイガイ (紫貽貝)
学名:Mytilus galloprovincialis

地中海が原産地だが、船舶の底に付着し、繁殖力のの強さから世界中に分布を広げたと言われている。
ヨーロッパイガイなどと共に食用とされ、近似種とともにムール貝と呼ばれる。
チレニアイガイ、シウリガイ、カラス貝と呼ばれることがある。
瀬戸内海などで漁獲されるイガイと同様に「瀬戸貝」として炊き込みご飯などにすることがある。
貝毒が報告されているので注意か必要。
また、小さなものはクロダイの落とし込み釣りの餌としても利用される。



posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物

リシケタイラギ

ら行

ウグイスガイ目 ハボウキガイ科 リシケタイラギ
学名 Atrina lischkeana Clessin
採取地 広島県福山市松永湾

タイラギは殻の表面は滑らかであるが、リシケタイラギはうろこ状の突起列が放射状に出ている。明治時代のドイツの動物学者のリシケにちなんで名づけられた。
三角形をした二枚貝で、殻は柔らかく壊れやすい。
貝柱が大きくて美味しい。
環境悪化で生息数が減少し準絶滅危惧に指定されている。
別名 タイラガイ (平貝)

🍴釣りバカ男の手料理

タイラギ料理


posted by ガンさん | Comment(0) | その他の海洋生物
<<前へ 1 2