カイメンガニ

か行
IMG_0274.JPG
甲殻類 十脚目 カニ下目 クモガニ科 カイメンガニ属 カイメンガニ (海綿蟹)
学名 Thacanophrys longispinus
捕獲場所 広島県福山市沼隈町常石沖

水深18mの所でイイダコ釣りをしていたら引っかかりました
甲の長さは5cm位です
甲羅や脚に海面を付着させてカモフラージュする習性のカニです
生息場所によっては、イソギンチャクや海草などもくっ付けて周囲と同化させているようです
posted by ガンさん


カサゴ

か行かさご

カサゴ目 フカカサゴ科 カサゴ属 カサゴ (笠子)
学名 Sebastiscus marmoratus
食味 ★★★★☆

浅場から水深数百メートルの深場まで広範囲に生息
あまり泳がずに岩場でじっとしていることが多い
体色は、赤っぽいものや、黒や緑っぽいものなど生息場所によって変化する
食べて美味しい魚
別名 ホゴ(広島など)、アカチン(岡山など)、アラカブ(長崎など)、ガシラ(関西・高知)、アカメバルなど

🍴釣りバカ男の手料理..
posted by ガンさん

ガザミ

か行
節足動物門 甲殻綱 十脚目 ワタリガニ科 ガザミ (蝤蛑)
学名 Portunus trituberculatus
食味 ★★★★★

内海の浅海に生息し菱形の甲羅をしている。
後ろの脚が平らなのが特徴で夜間になるとオールで漕ぐように泳ぎ、一般にワタリガニ(渡蟹)と呼ばれる。
旬は秋から冬で、秋になると実がよく入り、冬にかけて雌ガニは内子が充実してとても美味しい。
その他の名称 ヒシガニ(菱蟹)、ガザメ

🍴釣りバカ男の手料理
 ..
posted by ガンさん

カタクチイワシ(片口鰯)

か行かたくちいわし

ニシン目 カタクチイワシ科 カタクチイワシ属 カタクチイワシ (片口鰯)
学名 Engraulis japonica
食味 ★★★★
捕獲地 岡山県笠岡市沖

日本各地の沿岸の表層で大きな群れですむことが多い
体長は、10〜15cmほどの小魚
上顎が下顎よりも前方に出ており、口の形が片寄って見えることからこう呼ばれる
英語では、Anchovy (アンチョビー)
畳鰯、シラス干 (ちりめんじゃこ) 、目刺し、煮干などに加工される。
広島ではカタクチ..
posted by ガンさん

カミナリイカ

か行

コウイカ目 コウイカ科 カミナリイカ (雷烏賊)
学名 Sepia lycidas Gray
捕獲地 愛媛県上島町佐島

コウイカに似るが最大で胴長40cm、2kg位になる大型のイカ。
胴に唇の様な斑紋が散らばるのが特徴で、一般にはモンゴウイカ (紋甲烏賊) と呼ばれる。
カミナリイカの語源は、雷がよく鳴る春から初夏にかけて産卵のため岸近くに回遊して来てよく採れるからと言われる。
posted by ガンさん

キジハタ

か行きじはた
↑ 瀬戸内海で釣ったキジハタ (アコウ)

IMG_0905.JPG
↑ こちらは日本海で釣ったキジハタ。鮮やかです

スズキ目 ハタ科 マハタ属 キジハタ
学名 Epinephelus akaara
食味 ★★★★★

沿岸浅所の岩礁域にすみ、夏から秋は主にエビ、カニなどの小型甲殻類、冬から春にかけてはノリなどの海藻類を好んで捕食する。
背びれの真ん中辺りに黒い斑点があるのが特徴。
量が少なく瀬戸内では「アコウ」と呼び高級魚として扱われる。
夏は脂がのって薄作りの刺身..
posted by ガンさん

キハッソク

か行

スズキ目 ハタ科 キハッソク属 キハッソク (木八束)
学名 Diploprion bifasciatum
捕獲地 日本海 (島根県)
食味 ★★☆☆☆

体長20cm程度で生息数は少ない。
一見してハタ科の魚みたいだったので、たぶん美味しいだろうと思いキジハタと一緒に鍋に入れて食ってみたら不味かった。
後で図鑑で調べたら、皮膚からでる粘液に毒があると書いてあったのでビックリ!
よく読むと、他の魚に対して毒性があるが人体には影響はないみたいです。 ..
posted by ガンさん

キュウセン

か行キューセン
キュウセン 雄 (青ベラ)

ギザミ
キュウセン 雌 (赤ベラ)


スズキ目 ベラ科 キュウセン属 キュウセン
学名 Halichoeres poecilopterus
食味 ★★★☆☆

オス(青ベラ)とメス(青ベラ)では体色が全く異なり、別種の様にも思える
メスからオスへ性転換することで知られ、つまり、オスはメスよりも大型で、小型のオスはいない
メスの体側に一本の黒褐色の縦線とその上下に赤褐色の8本の点線があることからキュウセン (九仙・九線)と呼ばれる。..
posted by ガンさん

クエ

か行

スズキ目 ハタ科 マハタ属 クエ
学名 Epinephelus bruneus
食味 ★★★★★
捕獲場所  日本海 (島根県)

マハタに似るが、クエはマハタより体型が細長い。
また、マハタは模様が全て平行な横縞なのに対して、クエの縞は前2本が頭の方に向いて流れている。
、 天然モノは量が少なく、大型になると1kgあたり1万円以上もする超高級魚。
クエは1〜2週間に一度しかエサを食べないともいわれており漁獲は困難。
活け締めにして刺身で食べると美味しいが..
posted by ガンさん

クサフグ

か行くさふぐ

フグ目 フグ科 トラフグ属 クサフグ (草河豚)
学名 Takifugu niphobles

青森から沖縄県にかけての日本各地の沿岸浅所に生息
卵巣・肝臓・腸は猛毒、皮膚は強毒、筋肉と精巣は弱毒。
背面と側面は暗緑色地に小白斑が散布し、背面・腹面に小棘が密生している
トラフグの幼魚に似るが黒斑に白い縁取りがない
5月〜7月の大潮の頃に大群で浅瀬に押し寄せて産卵する。
砂に潜る習性があり砂ふぐとも呼ばれる

フグの由来 を調べてみました。
平..
posted by ガンさん

クジメ

か行くじめ

カサゴ目 アイナメ科 アイナメ属 クジメ
学名 Hexagrammos agrammus
食味 ★★★★
捕獲地 岡山県笠岡沖
捕獲方法 本虫を付けたブラクリ仕掛け

アイナメと区別が難しいが、尾びれの端が丸く側線は1本のみである。
大きさも小さくアイナメは40cm位に成長するがクジメは25cm程度である。
体色は、茶褐色から赤褐色まで幅広い。
posted by ガンさん

クラカケトラギス

か行くらかけとらぎす

スズキ目 トラギス科 トラギス属 クラカケトラギス
学名 Parapercis sexfasciata

浅場の砂泥地に生息
体側の4個のV字状斑が特徴で、馬の鞍(くら)を掛けたように入っているのでこう呼ばれる
キス釣りの外道としてよく釣れ、身は柔らかく淡白で、刺身やフライ、天ぷらにすると美味い。
別名 トラハゼ、ドウマル
posted by ガンさん

クロダイ (黒鯛)

か行くろだい

スズキ目 タイ科 クロダイ属 クロダイ (黒鯛)
学名 Acanthopagrus schlegelii
食味 ★★★☆☆

日本各地の沿岸域に生息し、浅いところでも大型が釣れる
引きも良く人気の釣り対象魚
雑食性で警戒心は強いが、ハラミ期は食欲旺盛で初心者でも大物が釣れる
オスからメスに性転換するらしい
産卵期から産後の春から夏頃は、身がやせ細り臭くて不味いが、冬は真鯛と変わらぬほど美味しい
特に、6〜7月頃に釣れるものは身に透明感がなく〆て持ち帰..
posted by ガンさん

クロソイ

か行くろそい

カサゴ目 フサカサゴ科 メバル属 クロソイ (黒曹以)
学名 Sebastes schlegelii
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県福山市沖

眼はメバルほど大きくなく、体色は淡い褐色で、不規則な斑点がたくさんある
死ぬと全体的に黒っぽくなる。
キツネメバルに似るが、キツネメバルは口の上の骨片が平らであるのに対し、クロソイはノコギリ状をしている
刺身、煮付け、塩焼きにすると美味しい
瀬戸内ではガクメバルと呼んでいる
posted by ガンさん

ケンサキイカ

か行
日本海 (鳥取市青谷沖) で釣ったケンサキイカ
IMG_4955.JPG
瀬戸内海 (愛媛県越智郡上島町) で釣ったケンサキイカ

ツツイカ目 ヤリイカ科 ケンサキイカ属 ケンサキイカ (剣先烏賊)
学名 Uroteuthis edulis
食味 ★★★★★

刺身にすると他のイカと比べて透明感があり甘味は強く、高級イカの代名詞になっている。
真水で洗うと身が白っぽくなるのでお造りにする時は出来るだけ水を使わない。
胴長は40cm位になり特大サイズは「弁慶」と呼ばれる..
posted by ガンさん

コウイカ

か行

コウイカ目 コウイカ科 コウイカ属 コウイカ (甲烏賊)
学名 Sepia esculenta
食味 ★★★★☆

砂泥質の海底近くにすみ、春から初夏にかけて産卵のため接岸してくる
体内に石灰質で出来た固い甲羅をもつことから甲イカと呼ばれ、甲の後端には棘が出ているので、針イカとも呼ばれる
よく似たシリヤケイカも一緒に釣れることがあるが、シリヤケイカには棘が無く、その代わりその部分から茶色い液体が出るので区別できる
また、この種のイカは他のイカに比べ大..
posted by ガンさん

コクチフサカサゴ

か行

カサゴ目 フサカサゴ科 フサカサゴ属 コクチフサカサゴ
学名 Scorpaena miostoma
捕獲地 島根県

フサカサゴに似ているが体の幅があまり広くなく口は小さい。
体長は20cm程度になる。
各鰭に毒がある棘があり刺されるとひどく痛むので注意。
posted by ガンさん

コショウダイ

か行

スズキ目 イサキ科 コショウダイ属 コショウダイ (胡椒鯛)
学名 Plectorhinchus cinctus

体側に3本の斜めの縞模様があり、背側から尾ビレにかけて胡椒の実の様な黒い斑点がある。

別名 コロダイ、バダイ、ヘダイなど
posted by ガンさん

コノシロ

か行このしろ

ニシン目 ニシン科 コノシロ属 コノシロ
学名 Konosirus punctatus
食味 ★★★☆☆

内湾や河口域に生息する汽水・海水魚
全長は10〜25cm。
背びれの後部が糸のようにのびているのが特徴。
体長10cm以下をシンコ、15cm前後の頃をコハダと呼び、江戸前の寿司だねになる。
小骨が多く、酢漬けにすると骨が柔らかくなり、骨どこ食べられる
posted by ガンさん

コブダイ

か行こぶだい

カンダイ
コブダイの幼魚

スズキ目 ベラ科 コブダイ属 コブダイ
学名 Semicossyphus reticulatus
食味 ★★★★☆

幼魚は体が赤っぽく、背びれや尻びれ、尾びれが黒い。目から尾びれまで白い線が走る。
成長すると全身が赤褐色になり見た目は全く別の魚になってしまう。
成長したオスの額にはコブのような出っ張りがある。
体長は1mを超える
暖かい時は、水っぽくて臭みがあるが、旬の冬は非常にうまく高級魚として扱われ、カンダイ(寒鯛)と..
posted by ガンさん

コモンフグ

か行こもんふぐ

フグ目 フグ科 トラフグ属 コモンフグ (小紋河豚)
学名 Takifugu poecilonotus
食味 ★★★★★

北海道以南の沿岸の浅いところに生息
卵巣と肝臓は猛毒、精巣、皮膚、腸は強毒、肉も弱毒とされ岩手県や宮城県で漁獲されたものは食用不可とされる
コモクフグ白子の食中毒事例
この辺のは、身だけ食べれば死なない
ナシフグと似るが、コモンフグには目の下まで小紋がある。背と腹に小棘がありざらざらしている。
肉は白く、ナシフグと比べて..
posted by ガンさん

ゴンズイ

か行

ナマズ目 ゴンズイ科 ゴンズイ属 ゴンズイ (権瑞)
学名 Plotosus japonicus
捕獲地 愛媛県上島町佐島

夜行性の海水魚で群れになって集団で行動し、その塊は「ごんずい玉」と呼ばれる。
背びれと胸びれに毒をもった棘があり、刺されると激痛を伴う。刺されて死亡した例もある様です。
白身の美味しい魚で、棘を取り除いて味噌汁や蒲焼、天ぷらなどで食される。
posted by ガンさん

ミミイカ

ま行

コウイカ目 ダンゴイカ科 ミミイカ (耳烏賊)
学名 Euprymna morsei
捕獲場所 岡山県笠岡市夏目港

全長5p程になる小型のイカ。
丸い鰭(エンペラ)がまるでミッキーマウスの耳のように見えるのが特徴。
夏になるとミミイカが増え、瀬戸内海ではこのイカに似せた「ミミイカサビキ」でマダイ釣りが行われる。
posted by ガンさん