タケノコメバル

た行

スズキ目 メバル科 メバル属 タケノコメバル
学名 Sebastes oblongus Günther
捕獲地 広島県尾道市向島

日本各地の浅い岩礁域や防波堤などに生息する。
名の由来は、タケノコが出る時期が美味しいと言う説や、体の色や模様がタケノコの皮に似ているからと言う説がある。
ムラソイとよく似て区別が難しいが眼隔域、つまり目と目の間にくぼみが無いので区別できる。
IMG_4620.JPG
体色は黄褐色から茶褐色で色合いや模様が鼈甲に似ていることからベッコウゾイとも呼..
posted by ガンさん


ダイナンギンポ

た行だいなんぎんぽ

スズキ目 タウエガジ科 ダイナンギンポ属 ダイナンギンポ
学名 Dictyosoma burgeri
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県三原市須波

日本各地沿岸の岩礁地帯に生息
ニシキギンポ科の「ギンポ」と似るが、体側の横に走る網目状の側線で区別できる。
ギンポ同様に天ぷらにすると美味しいが、刺身にしても身がコリコリとしてフグと間違えるくらい美味しかった
posted by ガンさん

タイワンガザミ

た行

節足動物門 甲殻綱 十脚目 ワタリガニ科 タイワンガザミ
学名 Portunus pelagicus
食味 ★★★★★
捕獲地 広島県尾道市

ワタリガニの一種で南方系のカニ。
雄と雌では色彩や形が大きく異なり、雄は脚が青く甲に白い筋模様がある。
一般にワタリガニと呼ばれるガザミは鋏脚の長節に4本トゲがあるのに対して、タイワンガザミは3本しかトゲがない。
アオバサミ、アオアタリ、青手、台湾ガニとも呼ばれる。
posted by ガンさん

タチウオ(太刀魚)

た行

たちうお

スズキ目 タチウオ科 タチウオ属 タチウオ (太刀魚)
学名 Trichiurus lepturus
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県尾道市因島沖
捕獲方法 テンヤ仕掛け 餌はイワシ

名前の由来には、立ち泳ぎをするから、太刀に似ているからなどの説がある。
大きさは、体高(幅)を見て、指4本、指5本などと表現する。
釣り人達は、指6本以上の大物を「ドラゴン」と呼ぶ
歯が大きく鋭いので注意を要す
釣り方は、イワシやサンマを餌にしたテンヤ仕掛..
posted by ガンさん

ダツ

た行

IMG_0810.JPG

ダツ目 トビウオ亜目 ダツ科 ダツ属 ダツ
学名 Strongylura anastomella
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町弓削島沖

魚体は細長く、体長1mくらいになる
沿岸域の表層を群れで遊泳し、生きた小魚を好む
この魚は船べりへ泳いで近づい来たところを玉網で捕獲したもの
新鮮なものは美味しい
posted by ガンさん

タテフエダイ

た行

スズキ目 フエダイ科 フエダイ属 タテフエダイ
学名 Lutjanus vitta
捕獲地  日本海 (島根県)

ヨコスジフエダイと非常によく似ており、見分け方は中央に斑点があるのがヨコスジフエダイで、無いのがタテフエダイである。
体長は30〜40cmになる。
新鮮なものは刺身にすると、脂がのりクセも無く美味しい。
posted by ガンさん

タマガンゾウビラメ

た行たまかせんぞうひらめ

カレイ目 ヒラメ科 ガンゾウビラメ属 タマガンゾウビラメ
学名 Pseudorhombus pentophthalmus
食味 ★★★☆☆

内海の浅いダベ地に生息するので、ダベ臭さがある。
肉厚が薄く、味は美味しくない。
瀬戸内海では「デベラ」と呼び、主に干物にして槌で叩いててあぶって食べる。
新潟では「フナベタ」と呼び刺身にして食べるらしい。船の底にべったりとひっつくからだとか?
ガンゾウビラメとタマガンゾウビラメは酷似するが、前者は眼状斑が一つで..
posted by ガンさん

テナガダコ

た行てながだこ

八腕形目 マダコ科 マダコ属 テナガダコ 手長蛸
学名 Octpus minor
食味 ★★★☆☆

文字どおり手足が長いタコで、昼間は泥にもぐり夜に活動する
韓国ではナクチ料理として有名で、生きたまま踊り食いにするサンナクチ(サンナッチ)が人気
その他の名称 ヘビダコ、ソウメンダコ、アカダコ
posted by ガンさん

テンジクダイ

た行てんじくだい

スズキ目 テンジクダイ科 テンジクダイ属 テンジクダイ (天竺鯛)
学名 Apogon lineatus Temminck and Schlegel

沿岸の浅い砂泥底に生息し、底引き網などで捕獲する。
オスは口の中で卵を守る習性がある。
大きさは8cmくらいの小型で、骨っぽいが身は美味い。
瀬戸内海や関西では「ネブト」と呼ばれ、唐揚げにしてよく食べられる。
posted by ガンさん

ドチザメ

た行

軟骨魚綱 メジロザメ目 ドチザメ科 ドチザメ (奴智鮫)
学名 Triakis scyllium
捕獲地 愛媛県上島町 生名橋の下

比較的水深の浅い場所に生息。
魚体はスマートで細長く、最大で1.5m位になるがサメとしては小型。
体色は暗灰色で暗色の大きな縞があるものもあり、 全身に不規則な黒斑がある。
サメのオスにはペニスが二本あり、メスには子宮が二つある。
性質はおとなしく、小魚やイカ、タコなどを食べる。
食用にもなり、湯引きや煮付け、フライ、..
posted by ガンさん

トカゲエソ

た行

ヒメ目 エソ科 マエソ属 トカゲエソ
学名  Saurida elongata
食味 ★★☆☆☆

南日本の浅い砂地に生息。
トカゲエソの胸鰭は短いが、類似のマエソやワニエソは胸鰭が長くて腹鰭位まで達するので区別できる。
身は軟らかく、ほとんど練り製品に加工される。
キス釣りの外道で、釣ったキスを丸呑みされることがある。
posted by ガンさん

トゲアメフラシ

た行

腹足綱 後鰓類 無楯目 アメフラシ科 トゲアメフラシ属 トゲアメフラシ
学名 Bursatella leachii
捕獲場所 岡山県笠岡市夏目港

イイダコ釣りをしていたスッテに引っ掛かりました。
体の表面に軟らかいトゲ状の突起で覆われ、水中から出すとそのトゲはわからなくなる。
トゲが無い部分にはコバルトブルーの鮮やかな斑点がある。
生態は浅瀬で海草など食べて成長するようです。
アメフラシの仲間は、刺激を与えると紫色の分泌液を出す。
アメフラシ..
posted by ガンさん

トラフグ

た行とらふぐ

フグ目 フグ科 トラフグ属 トラフグ
学名 takifugu porphyreus.
食味 ★★★★★
捕獲地 広島県福山市内海町

卵巣と肝臓は強毒、腸は弱毒、精巣・皮膚・肉は無毒。
胸鰭の後方に白く縁取られた大きな黒色斑があり、尻鰭は白い。背面に小棘がある。
別名 ホンフグ、モンフグ、オオフグ
posted by ガンさん