マアジ

ま行まあじ

スズキ目 アジ科 マアジ属 マアジ (真鯵)
学名 Trachurus japonicus
食味 ★★★★☆

釣り場は、浅海の海藻地帯や砂場と岩場の境目などが狙いで、群れていることが多い
マアジとマルアジは見分けにくく、マルアジはえらぶたの後ろから尾ビレまで続くゼンゴが続くが、マアジは尾ビレ付近にしかない
また、マルアジには小離鰭(りき)があるが、マアジには無い
佐賀県の「関あじ」が有名
別名 アカアジ、ヒラアジ
posted by ガンさん


マアナゴ

ま行まあなご

ウナギ目 アナゴ科 クロアナゴ属 マアナゴ (真穴子)
学名 Conger myriaster
食味 ★★★★☆

浅い海の砂泥底に生息し、体は褐色で側線上に白い点線が並ぶ。
夜行性で、昼間は巣穴から頭だけ出し「アナゴ」はこの生態に由来する。
旬は6月〜8月で、梅雨アナゴとか夏アナゴと呼ばれ一番美味い時季です。
天ぷらや蒲焼が好まれるが、最近は刺身に造ることが流行っている。
血液と粘液に弱毒があり、その毒は加熱することにより無毒化される。
刺身にす..
posted by ガンさん

マイワシ

ま行

ニシン目 ニシン科 マイワシ属 マイワシ (真鰯)
学名 Sardinops melanostictus
食味 ★★★☆☆

日本各地に生息し群れになって回遊する
カタクチイワシよりも大きく体長は20cm位になる。稀に30cmを超えるものもいる。
体側に黒い斑紋が縦に7つ程度並ぶのが特徴で、別名「ナナツボシ」と呼ぶ地域もある。ただし個体によっては2〜3列あるものや、逆に斑点が無いものもいる。
また、輸入品のカリフォルニアマイワシは体長30cm前後になり、..
posted by ガンさん

マコガレイ

ま行まこがれい

カレイ目 カレイ科 ツノガレイ属 マコガレイ (真子鰈)
学名 Pleuronectes yokohamae
食味 ★★★★☆

瀬戸内海では、10月中旬頃から産卵のために浅場に接岸して釣れ出しすので 「のぼりガレイ」 ともいう。
2月下旬〜3月中旬にかけてあまり釣れなくなるが、桜の花が咲く頃にまた釣れだし、これを「花見ガレイ」と呼ぶ。
春と晩秋に旬を迎え、刺身や煮付けは最高
「左ヒラメに右カレイ」と言うように、カレイとヒラメの見分け方は、腹を下にして右..
posted by ガンさん

マゴチ

ま行まごち

カサゴ目 コチ科 コチ属 マゴチ (鯒)
学名 Platycephalus sp.2
食味 ★★★★☆

雄性先熟の性転換をおこなう魚で知られ、満2才頃、体長35cm位までは雄で、40cmを超えると全てメスである
魚体は扁平で口が大きく下顎が上顎より前に出る
目は小さく尾びれに大きな斑点がある
身は歯ごたえのある白身で、鮮度 (身の弾力) は早く落ちる
薄造り、寿司種、天ぷら、煮付けなどが美味しい
その他の呼び名 ホンゴチ、クロゴチ、ゴチゴロウ

..
posted by ガンさん

マサバ

alt=

スズキ目 サバ科 サバ属 マサバ (真鯖)
学名 Scomber japonicus
食味 ★★★☆☆

日本各地や世界中の亜熱帯〜温帯域に生息し、主に表層を回遊する。
寿命は6〜7年と言われ、成魚は体長50cmを超えるものもいる。
旬は、脂がのる秋から冬にかけてで、夏は味が落ちる。
佐賀関で水揚げさる「関さば」や佐田岬でとれる「岬さば」は高級ブランドして有名。
鯖は鮮度が直ぐに落ち「鯖の生き腐れ」とも言われるが、大型で新鮮なものを刺身で食べるととても..
posted by ガンさん

マダイ (真鯛)

ま行まだい

スズキ目 タイ科 マダイ属 マダイ (真鯛)
学名 Pagrus major
食味 45.gif

太平洋北西部、日本以南から南シナ海北部まで分布
体は楕円形で側扁し、赤色で体側に青色の小点が散在し尾びれ後縁は黒い
。 寿命は30年とも言われ、体長は1mを超えるものもいる
産卵期は3〜6月で、ちょうど桜の花が咲く頃からよく釣れだし、体色が桜色に輝くので桜鯛(サクラダイ)とも言う
旬は春とされているが、最も美味しいのは厳寒期の1〜2月
真鯛は、体型の美しさ、強烈な引..
posted by ガンさん

マダコ

ま行まだこ

八腕形目 マダコ科 マダコ属 マダコ (真蛸)
学名 Octpus vulgaris
食味 ★★★★☆

塩分濃度の低い海域を嫌うため、雨が多い年は不漁になると言われている
マダコは1年〜1年半、イイダコは1年と短命である
雄雌の見分け方は、吸盤が大から小へ規則的に並んでいるのがメスで、不揃いなのがオスである。
タコの旬は6〜8月で、麦が刈られ麦ワラが出来る頃にたくさん水揚げされるのでタコの本場、明石では「麦わらダコ」と呼ばれる。
サイダーを入れ..
posted by ガンさん

マナマコ

ま行

棘皮動物門 ナマコ綱 楯手目マナマコ科 マナマコ属 マナマコ (真海鼠)
学名 / Stichopus japonica Celenka
食味 / ★★★★★
捕獲地 / 広島県尾道市向島町

投げ釣りで稀に釣れることがあります。
生息場所によって体色が異なり、アオナマコ、アカナマコ、クロナマコと呼ばれる。
旬は冬で、水温が低くなると盛んに活動するため身が締まりコリコリして美味しくなる。
危険を感じると内臓を出して身を守る。
ナマコの腸(はら..
posted by ガンさん

マトウトラギス

ま行まとうとらぎす

スズキ目 トラギス科 トラギス属 マトウトラギス
学名 Parapercis ommatura

浅場の砂泥地に棲息
クラカケトラギスに似るが、マトウトラギスは細長くスレンダーで10cm程度にしかならない
クラカケトラギスは目の下の黒線がまっすぐ下に向いているのに対して、マトウトラギスは目の下から上あごの方向に斜めに黒線が走っている
別名 トラハゼ
posted by ガンさん

マハゼ

ま行まはぜ

スズキ目 ハゼ科 マハゼ属 マハゼ
学名 Acanthogobius flavimanus.
食味 ★★★★

内湾の砂泥底や河口の汽水域に生息。
成魚で15cm位になるが20cmを超えるものもいる。
白身魚で、天ぷらや唐揚げ、吸い物にしてよく食べられる。
新鮮で大きいものは刺身にしても美味い。
別名 カジカ(宮城)、カワギス、グズ(北陸地方)、ゴズ(島根県)

🍴釣りバカ男の手料理
 ハゼ料理
posted by ガンさん

マハタ

ま行
若魚

IMG_4691.JPG 成魚

スズキ目 ハタ科 マハタ属 マハタ (真羽太)
学名 Epinephelus septemfasciatus
捕獲地 日本海

若魚には7〜8本の横縞がはっきにと表れるが、成長すると次第に薄くなる。
マハタモドキによく似て区別が難しいが、マハタは尾びれから2番目と3番目の縞がくっついている。
白身の魚で身は硬く、刺身にする場合は薄造りにすると美味しい。
なお、ハタ科の老成魚を総称してカンナギと呼ばれる。
釣り味は、同サイズの..
posted by ガンさん

マヒトデ

ま行まひとで

棘皮動物門 ヒトデ綱 マヒトデ目 マヒトデ科 マヒトデ (真海星、真人手)
学名 Asterias amurensis

朝鮮半島、東シナ海、北海道から九州の浅い砂泥地に生息。
色 (白色から黄色、紫色など) や模様は様々なパターンがあります。
アサリやハマグリなどを補食する有害種
環境汚染にも強く、近年異常発生している

天草地方では郷土料理としてヒトデを食べる風習があります
ヒトデを塩茹でにて卵巣を食べますが、カニ味噌やウニに似た味がするそうです..
posted by ガンさん

マルアジ

ま行まるあじ

スズキ目 アジ科 ムロアジ属 マルアジ (丸鯵)
学名 Decapterus maruadsi
食味 ★★★☆☆

マアジに良く似ているが、ムロアジ属のアジ
体の断面が丸いためにこう呼ばれる
マルアジには、背ビレ、尻ビレの後端と尾ビレの間にある小さなヒレ、小離鰭(りき)がある

尾鰭

また、マアジは、ゼンゴが鰓ぶたの後ろから尾ビレまで続くが、マルアジは後半にしかゼンゴがない
posted by ガンさん

ミドリアメフラシ

ま行

無楯目 アメフラシ科 アメフラシ属 ミドリアメフラシ
学名 Aplysia oculifera
採取地 岡山県笠岡市神島

アメフラシの仲間ではやや小型の部類で、体長5cm〜10cm程度
体は緑褐色や黄褐色をしており、小さな斑点模様がたくさんある。
刺激すると紫色の液を出す。
posted by ガンさん

ミミイカ

ま行

コウイカ目 ダンゴイカ科 ミミイカ (耳烏賊)
学名 Euprymna morsei
捕獲場所 岡山県笠岡市夏目港

全長5p程になる小型のイカ。
丸い鰭(エンペラ)がまるでミッキーマウスの耳のように見えるのが特徴。
夏になるとミミイカが増え、瀬戸内海ではこのイカに似せた「ミミイカサビキ」でマダイ釣りが行われる。
posted by ガンさん

ムツ

ま行

スズキ目 ムツ科 ムツ属 ムツ
学名 Scombrops boops
捕獲地 日本海(島根県)

幼魚は沿岸の浅場で成育するが、成魚は水深200m〜500mの深場に生息し、体長は50cm〜1m位になる。
旬は冬とされ、白身で美味しく鍋物や塩焼き、刺身などで食べられる。
ただし、身は柔らかい。
posted by ガンさん

ムラサキイガイ

ま行むらさきいがい

イガイ目 イガイ科 ムラサキイガイ (紫貽貝)
学名:Mytilus galloprovincialis

地中海が原産地だが、船舶の底に付着し、繁殖力のの強さから世界中に分布を広げたと言われている。
ヨーロッパイガイなどと共に食用とされ、近似種とともにムール貝と呼ばれる。
チレニアイガイ、シウリガイ、カラス貝と呼ばれることがある。
瀬戸内海などで漁獲されるイガイと同様に「瀬戸貝」として炊き込みご飯などにすることがある。
貝毒が報告されているので注意か必要。..
posted by ガンさん

ムラソイ

ま行

カサゴ目 フカカサゴ科 メバル属 ムラソイ (斑曹以)
学名 Sebastes pachycephalus

沿岸の岩礁域やテトラロポッドなどに生息。
厳密には、ムラソイ、オウゴンムラソイ、ホシナシムラソイ、アカブチムラソイの亜種に分けられる。
posted by ガンさん

ムラサキウニ

ま行

棘皮動物門 ウニ綱 エキヌス目 ナガウニ科 ムラサキウニ (紫海胆・紫海栗)
学名 Anthocidaris crassispina
捕獲地 島根県

浅場の岩の窪みなどに生息。
食用にされるのは精巣や卵巣の生殖腺の部分で、バフンウニよりも味は落ちる。
産卵期は春から初夏で、その頃が漁獲期である。
漢字で「雲丹」と書く時は、加工した食品を指すようです。
posted by ガンさん

メイタガレイ

めいたかれい
ま行 無眼側 (下側はマコガレイ)

カレイ目 カレイ科 メイタガレイ属 メイタガレイ
学名 Pleuronichthys cornutus
食味 ★★★★☆
捕獲場所 広島県福山市沼隈町
捕獲方法 投げ釣り 餌は本虫

体高は高く菱形に近い。
口は小さくて、目は大きく突き出している。
目の間に2本の突起があり、掴むとチクリと痛いのでメイタカレイ(目痛鰈)と呼ばれる。
また、目玉が突き出ているのでメダカカレイ(目高鰈)とも呼ばれる。
マコガレイよりも..
posted by ガンさん

メジナ

ま行

スズキ目 スズキ亜目 メジナ科 メジナ属 メジナ (目仁奈)
学名 Girella punctata Gray
食味 ★★★☆☆
捕獲場所 愛媛県越智郡上島町佐島

体色は青緑色を帯びているが、死ぬと黒くなる。
関西ではメジナを「グレ」、九州では「クロ」と呼ぶ。
クロメジナとよく似ているが、クロメジナは尾びれの切れ込み深く「尾長メジナ・尾長グレ」と呼ばれる。尾長に対してメジナを「口太メジナ・口太グレ」とも呼ばれる。
メジナの旬は11〜2月頃で「寒メジナ..
posted by ガンさん

メナダ

ま行めなだ

ボラ目 ボラ科 メナダ属 メナダ
学名 Chelon haematocheilus
食味 ★★★☆☆
捕獲場所 広島県尾道市向島町

北海道から九州及び中国や朝鮮半島などの内湾浅所や河川の汽水域に生息。
ボラとメナダはよく似ているので昔から混称されているようだが、ボラの胸鰭の付根は青いが、メナダは白い。また、ボラは暗色の縦線が走り、メナダは鱗基部の暗色点が並ぶ。
有害異形吸虫のおそれがあり、生食や加熱の不十分のものは食べない方がいい。
地方名 シ..
posted by ガンさん

メバル

ま行めばる

カサゴ目 フサカサゴ科 メバル属 メバル (目張・眼張・鮴)
学名 Sebastes inermis
食味 ★★★★

岩礁帯や海草などの障害物の周りに群れをつくって棲息している
大きな目から「目張る」というのが名前の由来らしい。早春に良く釣れ「春告魚」と書くこもある。
生息場所によって体色が変化し、「アカメバル」「クロメバル」「キンメバル」などと呼ばれる。
別名 ウキソ、メバチ、ソイ、クロなどの地方名がある
posted by ガンさん

モロコ

ま行

コイ科の淡水魚で、小型のものはカサゴ釣りやメバル釣りの餌として使われる。
釣り具屋で「モロコ」と称して売られている魚種は、琵琶湖固有種のホンモロコ (学名 Gnathopogon caerulescens) や河川や用水路などに生息するタモロコ(学名 Gnathopogon elongatus)のほか、ヤナギモロコとも呼ばれるモツゴ (学名 Pseudorasbora parva)などが想定できるが、調べてみたら中国から輸入されたモツゴの様である。
posted by ガンさん