ヤマトカマス

や行

スズキ目 カマス科 カマス属 ヤマトカマス (大和魳)
学名 Sphyraena japonica
食味 ★★★☆☆

全長25cmほどで、アカカマスに比べて小型で細長く、背びれと腹びれがほぼ同じ位置にある。
IMG_4652.JPG
身は柔らかく、さっぱりとした白身で、アカカマスに比べるとやや水っぽく「ミズカマス」とよばれることもある。
posted by ガンさん


ヤマメ (山女)

や行やまめ
サケ目 サケ科 サケ属 ヤマメ (山女)
学名 Oncorhynchus masou

ヤマメは、サクラマスは陸封型で、海に下るものをサクラマス、川や湖で一生を過ごすものをヤマメと称する。
一般的にヤマメのほうがサクラマスよりも小型である。
体側に鮭科特有の楕円形のパーマークがはっきりと現れるが、サクラマスは成長するとパーマークが消失して銀白色となる
ヤマメは同属のアマゴ(降海型はサツキマス)とよく似ているが、アマゴには朱点があり、ヤマメにはこの朱点がない..
posted by ガンさん

ユムシ

や行ゆ

ユムシ動物門 ユムシ綱 ユムシ目 ユムシ科 ユムシ
学名:Urechis unicinctus

この餌でよく釣れる魚
チヌ(黒鯛)、マダイ、スズキなど

釣り餌とし使われるほか食用にもなる
コウジとも呼ばれ、一般的に小さいものをユムシ、大きいものをコウジとして区別されている
また、日本で採れたものを本コウジ、中国産のものをスーパーコウジあるいはスーパーユムシと呼ばれている
posted by ガンさん

ヨコスジフエダイ

や行よこすじふえだい

スズキ目 フエダイ科 フエダイ属 ヨコスジフエダイ (横筋笛鯛)
学名 Lutjanus ophuysenii(Bleeker)
捕獲場所 広島県尾道市

目から尾にかけて走る黒色の帯と、中央にある大きい斑点が特徴
魚の縦横は、口を上にした状態で判断するので、本来は縦筋とすべきである
ところが「タテフエダイ」と言う別な魚がいて、紛らわしいことにヨコスジフエダイと非常によく似ており、見分け方は中央に斑点があるのがヨコスジフエダイで、無いのがタテフエダイであ..
posted by ガンさん